ハードはいつでも野望を語る

toe2toeのYouTubeチャンネル
ニュース

スーパーウェルター級最強の評価はジャメールとハード。
今度ハードは怪我からの復帰戦、ジャメールはハードが破壊したハリソンとの試合を控え統一選に向けて焦らしに焦らします。
しかし2019年の象徴的な試合になるでしょう。
私はハードがジャメールを飲み込むと思います。

そしてこの男はいつも自信を持って野望を語る。

ハード
(チャーロツインズ、カネロ、ゴロフキン)
4-0で連勝できる。
どんなことがあっても勝つ。
俺の持つ勝つという意思、それが結局は勝負を決める。
俺の力は相手の心を壊す。
ジャメールの方がジャモールよりやりやすいだろう。
ジャモールはサイズとパワーにおいてジャメールを上回る。
ジャメールは簡単な試合だと感じているよ。
彼を倒してミドル級へ向かう。
ジャモールが最も可能性があるだろう。

チャーロズに勝つことは俺をカネロ戦へと近づける。
カネロも元々スーパーウェルター級だった。サイズに違いはない。
それにカネロはスーパーミドル級に挑戦する。
だとしても俺のほうが試合の日は大きいだろう。

ゴロフキンとの試合が俺にとってカネロより厳しいものだ。
俺のやり方を押し付けることが難しいだろう。
カネロよりフィジカルがある。
だがそれでも勝てると思うんだ。
ララの前に俺とやりたがった奴らはその後居なくなった。これはリスペクトを勝ち得たのだと感じている。

凄まじい野望です。
できるならPFP1位間違いなし。
スーパーウェルター、ミドル級どちらかのオールタイム最強評価も狙えるでしょう。

ハードはハリソンやトラウト(初のKO負けを献上)、ララ(カネロは議論の残る判定勝利)など技巧は尽く飲み込みました。
まだジャメールのようなハードパンチャーとの試合はありません。
もし覚醒ジャメールの高速コンビネーション、踏み込みを今までのように吸収できるならカネロ、ミドル級にとっての脅威になることは間違いありません。

いずれが勝ってもPFPになを連ねることになりそうです。特にハードの戦い方ならKO決着は必至。

私はトラウト、ララ戦を見てハードの強さを認識しました。
誰が相手でもタフな試合にできる能力があり、チャーロズやゴロフキン、カネロを倒すポテンシャルを認めざるをえません。

ジャレット・ハードを止められるのは誰だ
私は当初めちゃくちゃ打たせるし、いまいちなフィリーシェルをあまり評価していませんでした。 しかしトラウトやララ戦で考えは180度変わりました。 今や誰がハードを止められるか?を考えています。 底なし沼ハード ララを沈めるのには苦労し...
踠け足掻け ララが沈んだのは底なしの沼ハード
この試合の公開計量ではチャーロが乱入し二人より目立っていました。 チャーロってやっぱりビジネスチンピラじゃなくて、根っからのチンピラ気質なんだろうな。 兎に角勝ったほうが3つのベルトを賭けて闘います。 面白いスタイルマッチアップ ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました