ロマチェンコvsベドラサ 高純度の技術戦

toe2toeのYouTubeチャンネル
観戦記録

技の激突です。
どっちも技が売りですね。

ペドラサはオーソドックスでスタート、ジャブをついていきます。
結構プレッシャー強いですよ。
ロマチェンコは初回は動きながらいつも通り様子見。
ペドラサはロマチェンコの踏み込みによく反応しています。
ラウンド終盤にはロマチェンコがプレッシャーをかけ左ストレートを下に伸ばす。
ロマチェンコのボディーブローとカウンターがやや効果的でしたかね。

2回ペドラサどうする。
2回もオーソドックスでスタートのペドラサ。
両者相手を観察しているときでも勤勉にリズムを刻み相手の攻撃に備えます。
ややロマチェンコの左が有効ですがペドラサはフェイントやバックステップでロマチェンコを正面にとらえて自由にはさせません。

3回ここまでクリーンヒットはほとんど無し。ペドラサ、ロマチェンコ共に凄まじいまでの集中力。
ペドラサはフットワークも速く、ロマチェンコは深追いしない。
このラウンドはロマチェンコのコンビネーションが浅く当たりました。
たった一発がラウンドを分けるような試合をしています。

4回この時点で満腹になりそうな純粋な技術戦、チェスゲームです。
ペドラサはサウスポーを試してみます。
少し食いますね。ロマチェンコはミスをしません。

5回はペドラサオーソドックス。
こっちが良さそうと判断したか。
ペドラサはここまで何度か見せていますが瞬間的にスタンスを変えるのが巧みです。
ロマチェンコが一瞬混乱しているように見えます。

6回前半戦終了ですがお互いにペースが上がりません。
主導権争いが続きます。
ロマチェンコのペースアップしたい意志は感じますがペドラサが封じ込めます。
こいつら異常に動けますねほんと。
微妙な試合ですがポイントならロマチェンコだと思いますのでペドラサは少し動かないと。

7回ロマチェンコはプレッシャー強めてやや強引に行きます。
ペドラサは守る時間が増えてきた。
それでもクリーンヒットは食いません。

8回、ソーサやウォータース、マリアガ、リゴンドーがギブアップを始める時間ですがなかなか主導権を奪えません。近づき連打してもそのあと直ぐにペドラサが仕掛けて主導権は渡さない。

9回明確には失っていないが確実に失っている。その通りです。
パンチャーではないペドラサがどう逆転するのか。応戦するだけの現状では勝てませんよペドラサ。
ロマチェンコの左ボディーブローが効きましたが気がつかなかったか?

10回ロマチェンコが大きめに息をする場面も増えてきました。
気疲れが見えます。

11回。koの気配無し。と思っていたら何が効いたのかペドラサピンチ。
ロマチェンコが猛攻。
やっと膝をつかせた。いけ!ロマチェンコ!
ホールドする選択肢はありましたがヘッドムーヴ。
デービス戦もそうでしたがペドラサはホールドを嫌います。
そしてダウンを追加。
惜しい。次のラウンドに持ち越されます。

12回上も下も効かされサバイバルモードのペドラサにロマチェンコが襲いかかる。
ペドラサは残りに力は全て生存に捧げます。
くそ逃げ切られた。

この試合はスポーツのエキサイトメントというよりはボードゲームを見ているような気分になりました。
ロマチェンコ上手いんですが熱狂とはまた違うものです。
コアなファンならまだしもカジュアルなファンの関心をパッキャオのように集められるか疑問がのこりますね。
ライバルもいませんし。

ペドラサはこれだけの技がありながらなぜデービスと打ち合ったのか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました