ロマチェンコのゴールはマイキー・ガルシア

toe2toeのYouTubeチャンネル
ニュース

ペドラサはやっぱり強かったですね。
戦い方のせいで人気はありませんが間違いなく実力者です。
左右違和感なし。
クロフォードに勝るとも劣らないスイッチヒッターです。

ロマチェンコ
ベルトの統一が私の夢で次のゴールだ。
次のチャプターへ進むことができる。
彼はベテランで素晴らしい仕事をした。
彼と彼のチームは尊敬に値する。

全ていい感じだ。夢に近づけて幸せだよ。
後2つ、来年は実現できるでしょう。

ロマチェンコの目標はウシクが実現した4団体統一王者。
ロマチェンコに実力なら楽勝と言いたいところですが残る2つのベルトはこれまた負ける姿が想像できないマイキー・ガルシア。

この二人が同時期に同じ階級に存在するというのは奇跡的です。
ハイテクvsクラシカル、対照的なスタイル。
こうゆう試合が常に提供できればボクシングもっと人気出るんでしょうね。

昨日のペドラサ戦やリナレスを思い出すとスーパーフェザー級とライト級は違うようです。単純に競争は激しいのでレベルが上がったのと体格。

リナレスには倒されたしペドラサ戦は11ラウンドまで僅差のラウンドが続いていました。

リナレスはカウンターでダウンを奪い、ペドラサは捨てパンチでロマチェンコの動きに対応していました。

最初はガルシアが勝つのは厳しいかとも思っていましたがライト級では無敵感はありません。
ガルシアの遠い間合い、鋭いワンツーや左フックは機能する雰囲気はあります。
雰囲気だけかもしれませんが。

残念です。
スペンスの前に見たい試合だった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました