リゴンドーなんて誰も興味ないよね

toe2toeのYouTubeチャンネル
ニュース

ようやく来年1月に試合ができるみたいです。
ずいぶん干されてます。
五輪2連覇の天才がこんな風になるなんて少しも思わなかった。
デビューしたときはやべーのがプロに来た。PFPを塗り替ええるだろうと思ってましたがドネアと試合をした後辺りからほとんど試合をさせてもらえない。
ロマチェンコ戦はああなったとはいえ、誰も戦いたがらない。
リゴンドー相手にロマチェンコの真似はできない。

ロマチェンコの前はほとんど思い出せませんが無効試合でしたっけ?
ずいぶん前じゃないか?

リゴンドーの美学やスタイルもありますが今まで戦ったロマチェンコ以外は実力差あって手が出ない。
そのせいで退屈な試合ではありました。
でも私は見ていて面白かった。
別に干す必要なんて感じませんでしたね。
ロマチェンコ戦でも感じましたがリゴンドーは衰えています。
以前の輝きは感じられません。

一日でも早く井上との戦いがみたい。
リゴンドーをパヤノワンツーでぶち抜けるなら、というかできると信じてます。
勝てます。だからけちをつけられるまえにやってくれ。
それができれば井上はビッグネームの仲間入りですよ。

1月はパッキャオvsブローナー、サーマンなどビッグネームが登場するのでその前座だといいですね。

コメント

  1. 一瞬のマ夏 より:

    もう試合予定まで1か月。一体誰とやるんでしょうね?
    ヘイモンと契約なら無理やりフェザーに上げさせられるのでしょうか。
    Sバンタムで井上とやる位しか本人のモチベーションが上がらないのではないでしょうか?でも日本開催ならまだしも米国で井上・リゴは厳しいかもですね。
    ロマとの試合はSフェザーだったので何とも言えませんね。試合を見ている時に思ったのはロマにリゴのパンチの脅威・恐怖が感じられなかった事。これが階級の壁でこの事がロマが余裕を持ったように思いました。。。まぁやる前から分かってたと言えばそれまでなのでしょうけど。私は下降線でもまだ衰えたとは感じませんでしたよ(期待してるからかも?)。
    とにかく相手が誰か気になります。

  2. 孤独な拳豪 より:

    同感です。衰えきる前のリゴンドーとやって欲しいです…! 

    WRSS決勝で怪我を負いながらも、出来たら全盛期のドネアとやりたかったと言い、負けても這い上がればいいと言ってしまえる井上なら、人間離れした動きのリゴンドーの全盛時とやって貰いたい位です。

    • とぉとぅぉとぉ より:

      バンタム級級へリゴンドーがやって来たのは井上と戦うためだと思いますが、39歳と時間がありませんね。
      ハードコアファン以外にあまり人気がないのリゴンドーと戦う確率は低そうですよね。

  3. 孤独な拳豪 より:

    とぉとぅぉとぉ様

    有難うございます。リゴンドーはさすがに全盛時とは違うかも知れませんが、直近のバンタムでのソリス戦では動きに切れがありました。
    (初回、接近戦のラッシュを受けてグラついてましたが…後半は完全に見切ったようで踊るような仕草を見せたり余裕でした)

    井上選手は海外の他に日本でも試合をする契約な様なので、
    (それもトップランクが選ぶのでしょうか。何かの記事では実現の可能性が高いとあった様な…)

    日本でも試合をし、天笠選手が隙が無い99%勝てない最強王者と知名度もあり、井上選手も苦戦したドネアの全盛時にも完勝した五輪2連覇・2階級上のロマチェンコ以外
    (リゴンドーを通してロマチェンコも感じられるかも…)
     
    は無敗のキューバの拳豪リゴンドーと、日本の誇る井上の対戦というは思いのほかありえる、いやむしろ井上選手と釣り合う相手も中々いないので、やるしかないのかなと個人的には思っております。

    • とぉとぅぉとぉ より:

      選手同士は問題無さそうですが、大きなお金が動くとなると色んな思惑が動いてしまいますからね。
      リゴンドーの時間を考えると今しかありませんが、どうなるでしょうか…

タイトルとURLをコピーしました