カネロ、ラミレス昨日の振り返り。

toe2toeのYouTubeチャンネル
ニュース

昨日のスーパーミドル級チャンピオンシップを戦った中で最弱はフィールディングでした。
正直打たれはするがスーパーミドル級で大柄な体格もあってなかなか効かずカネロを悩ませると思っていました。
あっけなく初回で膝をつき、残りは腰が引けて何もできない。最悪のパターンでした。
かなり効いていてフィールディングも粘ったとは思います。
でももう少し何かできるだろう、と思い続けた試合でした。
カネロはゴロフキンの時のように力強くはありませんでしたが的確で速い攻撃で有利に立ちました。
ただスミス、ウスカテギ、べナビデスなどの本格的なスーパーミドル級王者に同じ戦いができるかは疑問が残りました。
でかくて速くて上手いべナビデスと打ち合えるか?とか堅実で冷静でこれまた上手いスミスを捕まえられるか?
穴はあるけどウスカテギはパワーがある。

スミスは既にフィールディングに勝ってる、べナビデスにとっても敵じゃないはずです。

でも次はミドル級での試合になるみたいです。
対戦をアピールしているジェイコブスだと面白いです。

ラミレスは4ラウンドくらいに怪我をして云々。
怪我がなければ倒せていたと。
真偽は置いとくととして。
ハートは強かったと思います。
倒せなくても恥じる相手ではありません。

スーパーミドル級の体格はミドル級とは一味違いますね。
ライトヘビー級と遜色ない。
今後はライトヘビー級進出するようで、グヴォジクに挑戦したいと。
さっそくグヴォジクにはラミレスを挑発してほしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました