ジェイコブスは冷静で知的

toe2toeのYouTubeチャンネル
ニュース

キャリアも試合も冷静に現実的にこなしていくジェイコブスは理性的でホント、好感が持てます。
昨日のアンドレイドと正反対。
ジェイコブスの爪の垢でも煎じて飲ませたい。

ジェイコブス
幸運なことにいいポジションにいる。
王者であることが様々な可能性を導いている。

私はカネロとは違いA-サイド(有利な立場の)ボクサーではないかもしれない。
だがこの階級のキープレイヤーであることに変わりはないし、カネロ戦は妥当なものだ。
この試合が次のレベルへの入り口であり最高にワクワクしているよ。
ビッグファイト、カネロと戦いたい。

カネロがA-サイド、それをを言っても仕方がない。
理解しているさ。
彼の方が人気がある。
いくら私が優れていたって仕方がない。
どうあがいてもA-サイドはカネロなんだ。
彼は王者だ、それに彼の戦歴を見れば何も言えない。
だけど私だって王者なんだ。
B-サイド、結構じゃないか。

私のこのチャプターの最後にしよう。
これは私の心を映す映画であり、人生とキャリアを描く。
私は本当に勝利を確信しているんだ。
完全無欠に勝利するよ。

私は待ち続ける。この最高の位置でね。

強いかどうかでもファンが見たいかどうかでもなく、A-サイドが戦いたい相手と戦うのがボクシング。
判定でも贔屓は当たり前、リスクを冒すB-サイドは常に不利。

来年カネロは誰と戦うのか。ジェイコブス、スミス、ゴロフキン。
着々と包囲網は敷かれていきます。
みんな強いぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました