スポンサーリンク

チャーロvsコロボフ ミドル級の裏番長は誰?

toe2toeのYouTubeチャンネル
観戦記録
スポンサーリンク

コロボフはファンなら知ってると思いますがまじで強い。
チャーロが負けたって少しも不思議には思いません。
衰えたとは言えチャーロが勝ててれば大したものです。

初回はコロボフが積極的にワンツーを上下に伸ばします。

2回はチャーロがプレッシャーをかける。
迫力あるパンチを放ちますがヒットはコロボフ。

リードパンチの差し合いでコロボフ、チャーロ共にしっかり返してきて譲りません。
チャーロはサウスポーの対策をしっかり積んできたようです。
3回、コロボフの左が捉えました。チャーロの巨体が揺れる。
コロボフのカウンターがヤバい。必ず狙ってくる。

3回終わってやはりこいつらただ者じゃない。
コロボフのスキルはミドル級でトップでしょう。
それに対抗できるチャーロも凄い。
どこで均衡が崩れるか。

4回微妙ですがコロボフが上回って見えます。
チャーロは常に打ち終わりを狙われています。
チャーロのジャブを読んだのか捨てジャブには反応せず本物のジャブだけ紙一重、最小限にかわす。

5回コロボフのカウンターが利いていてなかなか攻められないチャーロ。

6回右にも左にも合わされる。
コロボフの飛び込んでくるワンツーをきれいに外せない。
コロボフの被せる右に得意のジャブも出せない。
自由にやらせてもらえません。
しかし攻勢はチャーロです。

7回コロボフのカウンターが引き続き有効でチャーロの攻撃の芽を摘む。
心理的に効いてフォロースルーが甘く、当てても効かない。
今日はハリソンのボクシングが勝っている。
ポイントはどうなっているんでしょうか。

コロボフ疲れてきたか?

8回もコロボフの右が効いていてジャブが出せない。
連打も見きられ打ち終わりコツコツ貰っている。

9回コロボフはチャーロの右が効いたか?
反応が遅れています。
しかし立て直した。

お互いペースを奪えないままチャンピオンシップラウンド。
採点はわかりません。
11回手数を増やしてアピールするチャーロ、12回にはようやく左で捉えました。
コロボフピンチ。最低でもダウンは奪いたいチャーロ。
必死にしがみつくコロボフ、時間はある。
一気にいけるか。
最後の一発が遠い。

時間切れ判定でジャモール。
チャーロは発言とノックアウトの印象が先行しますが丁寧にボクシングします。そこが長所であり短所。
コロボフに技では負けました。

しかしカウンターを食っても身も心も動じず。
腹は結構カウンターで食っていていたそうでした。

差し合いを捨てて押し込むのも試して欲しかったですが、それが通用する相手ではないのかな。
でもベルトは死守。場所次第で敗けでした。
チャーロの攻勢を評価したようです。
ならジャメールを敗けにした理由はなんだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました