チャーロvsハリソン ジャメール真価を問う試合

toe2toeのYouTubeチャンネル
観戦記録

ハリソンはあと一歩で王者になれない。
しつこくいかないとなかなかミスはしません。
力を爆発させて一息に攻めるチャーロはミスを誘えるか。

初回、お互い警戒しあい様子見のラウンド。
顔面は遠いからか下へストレートを伸ばすチャーロ。
ハリソンはジャブを伸ばすも手は出ませんでした。

2回ハリソンがようやく踏み込みました。
当たりませんが鋭い。
チャーロは前へ出ます。
もっとボディーへ伸ばしたい。

3回にチャーロ速攻。
しかし持続せず。もっといかないとハリソンミスをしそうにない。
4回チャーロした見せて上をやります。
上のオーバハンドが雑で遠いハリソンに届きそうにない。違うパンチが必要でしょう。
明らかに攻めあぐねるチャーロ。
ハリソンは慎重ですがジャブを機能させて崩して打ち込むので安定感と当たりそうな気配は上回ります。
このラウンドはハリソンか。

5回、チャーロが連打。4発以上打てばハリソンはすべてをカバーできなさそうなんですけどね。なかなか続かない。
チャーロが一発入れてよろめかせます。オーバーハンドに拘り浅い。
別のパンチがいい気がする。

膠着状態は変わらず。
7回少しハリソンのジャブが辺り始めました。チャーロが打開しようと距離を詰めます。
連打できる距離でハリソンの見映えがいい。
8回もチャーロは狙いすぎでハリソンの見映えがいい。

9回もチャーロは下から上を試しますがハリソンの顔面は遠い。
もっと下を意識させたい。

チャンピオンシップラウンズはチャーロが積極的に攻めて浅いが当てましたかね。
ハリソンはアウトボクシングなのかサバイバルモードなのか分からない感じでフィニッシュ。

チャーロはもっと相手を崩してから打ち込まないと危険だしせっかくの破壊力が発揮されません。
ハリソンはどの踏み込みにも重心を保ち迎え撃てました。

ハリソンの方がジャブで崩して攻撃をしていました。ジャブで崩していくのはチャーロより上手く、得意な距離で戦えました。
ただラウンドを奪うにに十分な攻撃をしたかは疑問が残ります。
上手く当てていたのはハリソンですが、それがチャーロの積極性を上回るとは思えませんでした。
それでも結果は王座陥落。
チャーロは不満そうでした。
まあ誰もチャーロが弱いなんて思ってませんから謙虚に原因は自分にあると受け止めるしかありません。

再戦になるんですかね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました