ハード>ハリソン>チャーロ

toe2toeのYouTubeチャンネル
未分類
ハリソン
1試合防衛戦をホームタウンでこなしたい。
その後にハードだ。
-チャーロ戦
冷静にやった。
多くをこなしたわけじゃないが、ジャブを使い支配した。
振り回すやつを遠ざけ、タイトに守り抜いた。
俺はディフェンスに集中したんだ。
ラウンドを終えて戻る度にコーナーで「今やっていることを維持しろ」と指示をされ従った。
王者の仕事だ。
Koだけじゃなく指示に従うこと。
俺が試合を支配した。

微妙でしたけどね。
判定まではまたもう一歩の男…と思ってましたよハリソン。

一応ハード>ハリソン>チャーロという勢力図になりましたね。
チャーロは慎重で一気に爆発させて終わらせるタイプなんで当たらなければこうなるよねって試合でした。
チャーロの右は外からだけで内側から伸ばせなかった。
前置きなく飛び込んで行くからハリソンが崩れず重心が安定し迎え撃てた。
ただ連打できてハリソンの足が止まった時は腹を狙っていたり今までとは違う一面もありました。
ジャモールのような強烈なジャブがないので見ている時間が長いですが一度飛び込むと足を使いながら連打できるなどジャブがないからこそ発達した武器があり、兄との違いが分かりやすい試合でした。

ハリソンは攻撃が少ないとは言えジャブがよかった。
ミスをしなかった。打ち終わりのパンチには一応の説得力はあった。

この階級最強はララ、トラウト戦を見てハードだと思っています。
ラウンドに数回、断続的に爆発させるチャーロ、ラウンド中は継続的に押し潰し続けるハード。対照的です。
チャーロはラウンドの攻撃回数が少ない。
勝つなら足を使ったアウトボクシングしかないかと。
彼の性格でこれができるか。

来年戦うよりここで負けて成長して戦う方が良かったのかも。これで良かったのかもしれません。

井上もチャーロ同様爆発させますが、彼の多彩で強いジャブが間の時間を稼いでいます。
だからこそ強い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました