井岡vsニエテス 井岡とニエテス復習

toe2toeのYouTubeチャンネル
観戦記録

どっちも本当に無駄がない。
攻めも守りもコンパクトです。

https://m.youtube.com/watch?v=dJMlIioiMsM
中間距離のポジショニング抜群。
この距離は井岡も上手いですがパワーパンチを打てる体勢を作れる分ニエテスに譲るかなあ。

この相手はドネアやゴンザレスと対戦経験にある元暫定王者。

Donnie Nietes vs Manuel Vargas

正面に立たず上体を動かして相手を観察する習慣がありパワーパンチにはカウンターできます。
しかしバルガスがジャブなど軽い捨てパンチを連続で打つと動きが止まります。

First Fight In The US of Donnie Nietes vs. Juan Alejo
Pinoy Pride 40: Donnie Nietes vs. Komgrich Nantapech

押すと引いてくれます。手打ちでも速い左フックなどのパンチには対応がしてないように見える。

印象は中近距離のパワーパンチの応酬で打ち合いならニエテスの土俵、ニエテスの習慣やポジショニングが活きそう。
ニエテスのディフェンスは重心を落として相手に懐に入り込んでいき安全なポポジションを確保し反撃。
ホールドされたり飛び退けばニエテスはやり直し。
フィリピンで練習しているからかパワーパンチには良く対応します。
しかし軽く速く打つと意外にも動きを止めてくれます。フィリピンのボクシングの文化に余りな動きなのかも。

遠い距離での捨てパンチでガードやおでこを触っていればニエテスは重心を落としていくので、十分崩せばパワーパンチも狙えそうに見えました。
https://m.youtube.com/watch?v=-0Jbf1H9NQQ
良くジャブを突きアローヨの前進を阻む。
近距離でもいける気がしましたが。
しかし一瞬近くなった時の効率はニエテスが上回りそうな印象。
この日のように上に下にストレートを伸ばして距離をとって打っては離れを繰り返せば突き放せそう。

分かりやすいニエテスの弱点はスタミナです。のらりくらりとだましだましやってますけど明らかに後半は落ちていますし分かりにくいですが疲れる前に休みを必ず挟みます。
アローヨ戦の井岡のコンディションならニエテスは苦しい。
分厚く攻めれば絶対に勝てます。

ニエテスはアムナット戦をどう考えますかね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました