Koが板についてきた シャクール・スティーブンソン10戦目

toe2toeのYouTubeチャンネル

米国ヘイニーと並んでトッププロスペクトのスティーブンソン。
スピードのあるボクシングで最近はkoが増えてきました。

初回は慎重に足を使って横に動いて様子見。
2回からは足を止めて強いパンチを打ち込んでいきます。
4ラウンドに左一発当ててノックアウト。
軸を固定しパンチが速くて鋭い。

強いパンチを打ち込む時は足を止める、動く時は大きく動く。
はっきりしています。
相手のレベルが上がって強打者になってくると判定型になりそうですが、ハンドスピーがあり、フットワークは大きく動くので判定を狙われると捕まえるのは大変そうです。
王者候補です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました