スポンサーリンク
カテゴリー別に記事を読む

悪夢のボディーパンチャー ランキング

toe2toeのYouTubeチャンネル
ランキング
スポンサーリンク

ラスベガスではあまり評価されないとも言われるボディーブローですが、間違いなく勝利の鍵です。
ラスベガスが主戦場で逃げ切りイメージのあるメイウェザーも実は上手く、ハットン、ジュダー戦では非常に効果的でした。

koの、いいや勝利の鍵

現役かつ王者級に限定しました。
当然好みで評価しています。

1位 エロール・スペンス

この男のボディーショットはえげつない。
腹から顔面そしてまた腹腹腹。
何回なぐんだというほど執拗に狙ってきます。
それにあのパワーとスタミナ。
相手にとっては悪夢そのものです。
スペンスがボディーブローを多用するのは最初のトレーナーがメキシコ人で教え込まれたみたいですね。

The Body Shot – Eroll Spence jr / スペンス地獄のボディー攻め
The Body Shot – Eroll Spence jr / スペンス地獄のボディー攻め2

2位 井上尚弥

この男のボディーブローもえげつない。
何人も悶絶させられました。
スペンスもそうですが半端じゃないパワーでそこまでやるか…と言いたくなります。
井上も十分しつこいですが、しつこさでスペンスに軍配。

The Body Shot – Naoya Inoue/ 井上尚弥の鬼畜ボディーブロー 修正版
The Body Shot – Naoya Inoue/ 井上尚弥の鬼畜ボディーブロー 2

3位 カネロ・アルバレス

ゴロフキンやコット、ララなど倒せないものの鍵を握ったパンチでした。
ゴロフキンもかなり嫌がりここを狙われているので思うように前にでれない。
顔面のパンチを食ってしまいました。
フィールディング戦では凄まじい威力で一発で効かせて一方的な試合にしてしまいました。
しつこさで上位二人よりし下にしましたが、メキシカンらしく左のダブル、トリプルでガードを上げさせるなど巧みに狙ってきます。

The Body Shot – Canelo Alvarez / カネロえぐいボディーブロー

4位 ワシル・ロマチェンコ

スピードとフットワークのイメージですがボディーブローも巧みです。
破壊力はありませんがコンビネーションの中からピンポイントで狙ってきます。
ボディーブローでのkoも多いです。
ソーサ戦、リナレス戦のコンビネーションに織り混ぜるボディーブロー、コアシチャ戦のkoシーンは芸術的でした。
破壊力と執拗さが物足りないかなあ。

The Body Shot – Vasyl Lomachenko / ロマチェンコの天才的ボディーブロー

5位 デビッド・ベナビデス

メキシコ系らしくボディーブローが上手い。
こっちもダブル、トリプルで上から下、下から上、そしてまたも下と変幻自在。
このボディーブローがあるので顔面にクリーンヒットします。

David Benavidez – Knockouts & Highlights 2018

6位 ゲナンディー・ゴロフキン

最近あまり見ませんが強烈なボディーブローがあります。
回数自体は多くありませんが威力が半端じゃないので倒せます。
もっと打っていたイメージでしたが、カネロやジェイコブズなどレベルが上がると減ってきてしまいました。
もっとゴロフキンの強烈なボディーブローがみたいですね。

Gennady Golovkin: Routes to the Body

7位 ムラト・ガシエフ

半端じゃないパンチ力です。
顔がなくなりそうな顔面パンチと腹が抉りとられそうなボディーブローがあります。
左ダブルとかサウスポーの肝臓に捩じ込んだり手慣れた印象があります。
しつこさが加われば悪夢です。

The Body Shot – Murat Gassiev/ムラト・ガシエフのえぐいボディーブロー

8位 井岡一翔

正確なコンビネーションでピンポイントでボディーを突いてきます。
威力はありませんが絶妙なタイミングで力みがないため反応が難しくガードが遅れます。
何度も何度も同じところを狙い打ちしダメージを蓄積させ確実に弱らせます。
派手さはありませんが世界でも屈指の上手さです。

The Body Shot – Kazuto Ioka/井岡一翔の正確無比なボディーブロー2
The Body Shot – Kazuto Ioka/井岡一翔の正確無比なボディーブロー

9位 ジョシュ・テイラー

悶絶ボディーブローだと大概肝臓です。肝臓は人体の右側にあるので正面に立つと左でしか届きません。
なので右のボディーフックで悶絶はあまりありませんが、テイラーの場合2度ほどみたことがあります。
ゴロフキンのようなパワーやスペンスのような執拗さはありませんがスピードがあり相手が守る前に拳を滑り込ませることができます。
要所では必ず下から上と散らせてくるので相手は守りきれない。
だからこそこのko率なのでしょう。

Josh taylor best KO's – Highlights

コメント

タイトルとURLをコピーしました