ムンギアvs井上岳志 怪物退治

toe2toeのYouTubeチャンネル
ニュース

井上岳志が世界タイトルに挑戦。
王者ムンギアはサイズ、顔、スタイルに怪物の雰囲気が漂います。
しかしレイマートカバリョ同様に大味。
踏み込みの勢いをシフトウェイトで上手く拳に伝えています。
向かい合うと半端じゃない迫力で…怖い。
本能に訴え体が萎縮し対応遅れてしまいます。
あのパワーなので腕だろうがどこだろうが当たれば弾き飛ばされる。

これを攻略するには心の力が必要です。
王者になるという固い決意。多少の被弾は覚悟の上で向かっていかなければなりません。
井上が恐怖を克服し勝利を決意したときチャンスが訪れます。
根性論ですね。

技術的なことではムンギアの攻撃は一定のリズムと距離を作って飛び込んできます。
パンチは基本的に大振りでその隙をスミスは上手く突いていました。
https://m.youtube.com/watch?v=S-HH-sX2IVQ
打ち終わりを狙われるので上手く前進できない、得意のパターンが多く作れずダメージを与えきれない。
井上も基本的に大振りなので打ち終わりは狙えないかもしれませんがスミス以上に前進してラフファイトに持ち込めれば。

守りで言えばムンギアは真っ直ぐ下がる傾向があります。
きっとごつい攻撃で試合でもスパーリングでも相手が下がってくれるので、必然的に練習が減る場面だと思います。

相手が下がると非常に強いので前へ出てリズムとムンギアがジャンプするスペースを潰したいですね。
私が井上に期待しているのはそこで彼は揉み合いなどのラフファイトが土俵です。
反則気味の接近戦を得意としています。
これは意外とムンギアの弱点をつけるんじゃないか、とおもいっています。
気持ちもピカ一でスタミナも豊富。

逆にムンギアの武器は圧倒的なまでのパワー、豊富なスタミナを活かした攻撃のボリューム。
体もそうですが心も疲弊していきます。
Ko率が示すように弱気になれば一気に打ちのめされるでしょう。

ムンギアは完璧な選手じゃない。
井上のパンチもあたるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました