サーマンvsロペス マラソン+ボクシング=サーマン

toe2toeのYouTubeチャンネル
観戦記録

自他共にラストチャンスを認め覚悟を決めてやって来たロペス。
2年半も試合をせずベルトを保持してきたサーマン。

スペンスとは戦いたくないという意志がひしひしと伝わってきてスペンスは最早諦めてしまいました。
サーマンはウェルター級での力を証明しなければなりません。

サーマンは序盤から足を使い動きまわります。
バックギアにいれっぱなしですが時折強いパンチを見せます。
戦い方はクロフォードに近くてワンタイムとは言い難いスタイル。

ロペスはプレッシャーをかけ続け追いかけますがミスしたところにカウンターを狙われます。
2回にダウンを奪われた時は厳しいかと思いましたが粘り強く追いかけ続け、中盤にサーマンを捉えました。
ダウン寸前まで追い詰めましたが必死にペダルを漕いで走りる続けるサーマンを捕まえきれず。
しかしここからサーマンが失速しロペスのコンビネーションが捉える場面も増えました。
ロペスはミスも多いですが捕まえたときは一気にコンビネーションをまとめ見せ場を作ります。
終盤は互角の内容でしたがサーマンに逃げ切られました。

サーマン危なかった。そしてロペス強かった。
久しぶりの試合というのもあるのかもしれませんが、安全に戦ってこの内容ならスペンスには捕まってしまうイメージしか沸きません。
スペンスはロペスより破壊的で執拗でラフにも攻められます。

サーマンの言い訳に期待です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました