井上拓真vsルイス・ネリ お兄ちゃんは怖い

toe2toeのYouTubeチャンネル
ニュース

ネリが拓真を狙うとか。
お兄ちゃん狙えよ。

恐怖こそボクシング

拓真と尚弥の違い

弟の拓真は兄の尚弥を上回る部分はあります。
倒せない分発達したスキル。
自分と違う兄を意識してボクシングが崩れてる気がしますね。

拓真と尚弥の違いは筋肉の使い方、出力方法だと思います。姿勢に関しては大差はありません。
このブログでは書きませんが、恐らく尚弥が発見し拓真が未発見のものです。
尚弥に自覚はないのかもしれません、知っていてもライバルに教えたくないのかしれない。
所謂スポーツの天才にはスポーツを始めた時の最初の偶然か、試行錯誤の末にか理想的なフォーム、理想的な筋肉の使い方を発見して実践しています。
その技術を知らずに実践している選手も多いと思います。

井上拓真vsルイス・ネリ

尚弥が討伐してほしかったですが、拓真が成敗するならそれでもいい。
でも判定ではなく心の底から恐怖を与えてギブアップかボディーブローで地を這わせて欲しい。
顔面でのノックアウトだと短期記憶は飛んでしまうので。

拓真にできるでしょうか。
技術的にはネリを上回ります。
しかし他のスポーツとボクシングが違うのは、そこに原始的な恐怖が存在していることです。
実力で上回っているからと言って勝てる世界ではないのです。

むしろ高い技術を強靭な精神が飲み込むエキサイティングなスポーツです。

正直ネリにつけ入るスキは多い。
それは今までのネリの相手もわかっていたことです。
でも出来ない、ネリを目の前にすると体がすくむ。

技術的にもネリのコンビネーションは強力です。
淀みなく強打を連打できます。
この前のようにロープに寄りかったり、ロープに押し込まれるようだとネリのパワー、技術に屈するでしょう。
ネリの凶暴さを克服できるか。
拓真のストレスをコントロールする技術も問われる試合です。
ネリに勝てれば立派な王者です。

井上尚弥vsルイス・ネリ

もう一度考えてみようかな。

パヤノ、マクドネル。
強い選手です。しかし、彼らに足りないものがあります。それは恐怖。
それがないからこそ容易に踏み込めた、躊躇が無い分、100%の力で踏み込める。
強打者相手にはそう簡単には行きません。
無意識に心のブレーキがかかる。

カネロと戦った時のゴロフキンに力を感じなかったのはカネロのパンチ、カウンターを恐れ無意識に力を抑えてしまったというのもあるはずです。
逆に再戦で力強さの増したカネロは初戦で自信をつけたからこそ、力を発揮できたのでしょう。
ゴロフキンレベルですらそうなるのです。
井上も100%の力を発揮できるか分かりません。
極端に言うとナイフを持った相手に100%の力が出せるか。

ルイス・ネリ。
素晴らしいパンチャーです。
しかしまだ物足りない。
本当の恐怖とは言えない。

全盛期ドネアは真の恐怖

パレナスというフィリピンの強打者と戦いましたが、アジアレベル。
今度戦うロドリゲスはタイミングのいいパンチを持っていますが、やばいパンチとは言えない。

バーネット戦のドネアのパワー。
バーネットとは打撃音が違いました
しかしまだ足りない。

ドネアの全盛期、モンティエルの頭蓋骨を陥没させ、シドレンコの顔面を切り裂き破壊した、常識を超えたパワーとスピード。
あの時のドネアの拳はまさに凶器。

せめて全盛期の90%とコンディションのドネアと決勝で。
これが理想的ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました