スポンサーリンク

ライト級 プロスペクト テオフィモ・ロペス 12戦目

toe2toeのYouTubeチャンネル
プロスペクト
スポンサーリンク

前回は圧巻の倒しっぷりを見せてくれたロペス。
今年は王者になると鼻息が荒い。

勢いはまし、自信を深め強さを増しているトッププロスペクトですが、この階級はロマチェンコ、一応ライト級ベルトを保持しいているガルシアというボクシングで最も高い壁が存在しています。
相手はベテランのサウスポータイトル挑戦経験があります。
その時はフラナガンにKOされました。
この程度は簡単に仕留めないと上へは行けません。

左を下げてリラックスしたかまえから速い左、誘いながら相手が出てきたところに強烈なカウンターを合わせ、初回から力を見せつけます。
2回になってさらに力を発揮しやりたい放題、なかなか見れないカウンターを合わせますが、浅い。
5回には背中からパンチを伸ばす曲芸も披露。
時々見せるコンビネーションにもアイディアがあって面白い。
散々右のストレートを下に見せ、意識が下がっとところを狙いすました左でダウンを奪う。

マグダレノは狙い撃ちにされボッコボコ。

最初はちょっと自信過剰で王者になれる実力は疑いましたが、今日のボクシングには説得力がありました。
ただし危ない場面がないわけでもなく、相手のレベル次第ではこのガードの低さは命取りになりそうです。

このレベルでも王者確実と言えないあたり、この階級は層が厚い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました