スポンサーリンク
カテゴリー別に記事を読む

アンソニー・ジョシュアvsジャレル・ミラー ボクシング最大フィジカルvs最大重量

toe2toeのYouTubeチャンネル
ニュース
スポンサーリンク

決まったとか決まってないとか、ジョシュアのアメリカ上陸とかそうじゃないとか。
お互いDAZNとハーンなので決まりそうな気はしますが。
決まればジョシュアはDAZNデビューになるのか。

現代のタイソンになれるか

ミラーの気になるところ

前回のディヌ戦。
それ以外でもそうだったんですが、ミラーはガードを上げてのそのそ歩いて近づいていくんです。
一旦近づいて攻撃が始まると強いので結局倒してしまいましたが、ディヌの右の打ち下ろしは危険なタイミングと角度に見えました。
1ラウンドに1回は食っていたんです。
1000ラウンズものスパーリングをこなしたコウナツキがミラーの顎の強さを特徴に上げていたので、もしかしたらめちゃくちゃな強さなのかもしれません。
とは言え流石にジョシュア相手だと今までの戦い方は雑すぎるでしょう。
動物並みの耐久力なら話は別ですが。

ジョシュアはクリチコ戦の前と後で別人です。
パーカー戦やポベトキン戦のジョシュアはストレートとジャブを下に伸ばして距離をとり、足を使う、守りに最大限気を配る。徹底していました。

ポベトキンの突っ込んでくる右に多少悩まされましたが、踏み込まれても左腕で押さえつけて潰してしまう。
どんどん負けにくいスタイルになっています。
これまでのキャリアを見ればわかりますが、ジョシュアは頭を使う男です。
技術や戦い方の幅がどんどん広がっています。

そして私がジョシュアにスター性を感じるのは誰よりも勝利へ執着している様に見えるから。
クリチコ戦のあの逆転。
あれは試合前から勝つと覚悟を決めていた男の決断力と行動力です。
ボクシングで勝てないと見るや作戦変更。力で勝負しました。
簡単に感じるかも知れませんが、普通試合中にいきなり出来るものではありません。
経験が必要になります。しかしジョシュアは今までそんな経験はない。

きっとリングの外で勝利への執念を燃やし続けていたのでしょう。
どうすれば勝てるのか?
効かされた時どうする?逆転が必要な時何をする?ボクシングで上回られたら何で勝負する?

頭の中で何度もシミュレーションしてきたからこそ、慌てずチャンスを活かすことができた。
この試合はミラーにも期待したいところではありますが、ここはジョシュアの進化への期待の方が上回ります。

ジョシュアの燃費

気になるのはジョシュアの燃費。
あの体格なので軽量級や中量級の様なスタミナを作るのは難しいと思います。
走るとかバイクを漕ぐとか負荷の強い運動はジョシュアの体重だと膝がやられます。
クリチコは走ることはせずに水泳をメインにやっていたみたいです。

それにあの筋肉。
相当な心臓と血管への負担になるでしょう。
ジョシュアのスタミナ不足は体格の要因もあると思われます。

ジョシュアは体重と筋肉を真剣に信仰している節があって、今のやり方を変える気は無いみたいです。
戦い方次第では体重と筋肉量は相当なアドバンテージですからね。彼の考え方にも一理あります。

骨格筋の出力ならジョシュアは最大、全盛期のクリチコに匹敵すると思いますので、戦い方次第では歴代でも最強を目指せると思います。

動きを抑えて精度を重視しホールディングも厭わなかった昔のクリチコは歴代でも最強に推す声も多いです。
好き嫌いは置いといて私もその一人です。
まああれはボクシングというよりクリチコ憲法と呼びたいですが。

妄想対決

趣味の試合の妄想を垂れ流します。
ミラーはいつもの様にガードを上げて前進し得意の距離に持ち込もうとしますが、ジョシュアのフットワーク、パワージャブに阻まれる。
時々放つジョシュアの右をダッキングしきれず序盤から浴びるミラー。
ジョシュアも無理はせず足を使いミラーを封じる。
終盤になり挽回しようと圧力を強めるミラーですが最後までジョシュアの右を食い続け、ダウン。
一気にジョシュアが襲いかかりレフェリーが助け出す。

ミラーが今までの様に戦えばジョシュアのジャブや右ストレート、加えてでかいくせによく動く足を追えないように思います。
KOできるかどうかは置いておいてジョシュアの勝ちを推します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました