スポンサーリンク

結局スーパーフェザー級最強は誰なの 勝手にランキング

ランキング
スポンサーリンク

伊藤の活躍する階級ですが、なかなか手ごわい選手が揃っています。
カシノがマチャドを倒したので更新。

デービスが最強

1位 ジャーボンテイ・デービス

獰猛な性格をしています。
速さと強さを生み出す高い基礎があり小細工は粉砕しますね。
彼に勝つにはより高い基礎のある選手しかあり得ませんが、恐らくこ階級にはいません。
ペドラサに勝っているし、ここ最近のチャンピオンシップの強さを見ると、やることがない気がする。
王者級でも相手にならんでしょう。

YouTube

2位 アンドリュー・カンシオ

マチャドからベルトを奪いました。
番狂わせですがラッキーパンチを当てたとかではなく、気持ちの入った攻撃でマチャドに根を上げさせました。
初回ダウンを奪われ、すぐにやられるかと思いましたが凄まじいまでの勝利への執念を見せました。

この戦いならベルチェルトでも打ち合えば危なそう。
よく知らないまだまだ新米王者ですが、魂のこもった試合を見せてくれたのでこの順位。

3位 ミゲール・ベルチェルト

一度殴ると連打が止まらない連打型のパンチャーでこれでもか左を打てます。
強力なコンビネーションでバタバタなぎ倒す気持ちのいいスタイルですが冷静なファイトもでき、まだまだ見せていない力があるかもしれません。
マチャドには勝てないかなあと思っていましたが、彼はマチャドが負けたカシノより回転力のある強打があります。
カシノの攻撃にあっぷあっぷだったマチャドなら勝てるかも、と思ったのでこの順位。

Miguel Berchelt – Highlights / Knockouts

4位 アルベルト・マチャド

卑怯なサイズです。でかすぎる。
ひ弱さはなく屈強そのものでウェルター級程度に見えます。
スキル、スピード、パワーが高水準の難攻不落な王者でした。
安定感も抜群であまり負けるのを想像できませんでした。

しかしカシノの分厚い攻撃に屈してしまったので、もしかするとボリュームのある攻撃に弱いのかもしれません。

Alberto Machado "El Explosivo" Highlights

5位テビン・ファーマー 伊藤雅雪

ファーマーは恐らくデービスは捌けないと思います。
マチャドは攻防で瞬間的にファーマーより数段鋭い。
ベルチェルトの連打も捌けないかなあと思ってここです。
ボクシング歴は短いので情熱を捧げられる分潜在能力は高いと思いますがまだまだデービス、マチャドには及ばないでしょう。
https://m.youtube.com/watch?v=zDF8cGOUU3o&t=8s
伊藤もファーマーと同じでボクシング歴が短いので潜在能力はありますがまだまだ覚醒はしていません。ただしサイズもあるにでこにまま自信をつけていけば覚醒するでしょう。
弱点というものは少ないですが、やはり子供の頃からボクシングをしている連中と比べると強く速く動くという点で劣ります。
ディアス戦は頭脳と気迫を見せてくれました。正直世界に届くと思っていなかった選手でここまで強くなるとは思いませんでした。
相当な頭脳と忍耐を駆使して努力できる選手だと思うので今後に期待です。

6位 シャフカト・ラクヒモフ

そろそろ世界戦線に絡んできそうおそロシア人。
高い基礎があります。
今のこの階級は強い王者が揃っているので王者になれるか。
伊藤がロシア人と試合をしたのでそのパイプで狙ってくるかもしれません。動向が気になる要注意人物。
http://fight-info.work/2018/08/21/%e4%bc%8a%e8%97%a4%e3%81%af%e5%8b%9d%e3%81%a6%e3%82%8b%ef%bc%9f%e3%80%80%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%95%e3%82%ab%e3%83%88%e3%83%bb%e3%83%a9%e3%82%af%e3%83%92%e3%83%a2%e3%83%95/

他にもローマンやフランシスコ・バルガスもいますが彼らは激戦続きで底も見えているので除外。
エドゥアルド・ヘレナデス、ロシア圏などプロスペクトに強そうなのがたくさんいそうな階級でした。
http://fight-info.work/2018/12/16/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%ac%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%82%a2%e3%80%8017%e6%88%a6%e7%9b%ae/

コメント