近藤明広vsアビヌン・コーンソーン スーパーライト級戦線は地獄絵図

toe2toeのYouTubeチャンネル

スーパーライト級は地獄

近藤、小原、岡田

世界の壁に弾かれました。
ライト級以上は日本人にとって高い高い壁です。
近藤はリピニエッツの王座に挑みました。
試合内容はコツコツと当てていた近藤と、見栄えのいい強打のリピニエッツと言う構図で近藤を勝ちにしてもいい内容だったんですが、ジャッジはリピニエッツを支持。惜しくも届きませんでした。
今のスーパーライト級は異常な階級になっていて特別な選手でも王座を獲得するのは難しい。
小原、近藤、岡田の順にフィジカルに優れますが、正直小原でも頼りない。厳しい言い方をすると格が違います。

今回の相手は全勝のタイ人。KO率も高い。
未知の相手ですが、ここで勝てないようでは今のスーパーライト級の第一集団には簡単に粉砕されます。

試合内容

長身のコーンソーンは積極的で力強いジャブで威嚇。
力強い右を上下に伸ばしていきます。
力みがある大振りなので近藤は対処できますが、ミスが命取りになりそうな迫力があります。

近藤はちょっと想定外のコーンソーンのパワーに焦りの表情。
初回からボコボコ顔面に食います。

しかし世界挑戦しただけあって肝が据わっている近藤。
プレッシャーをかけて単調なフルスイングマン、コーンソーンの体力を奪います。

どちらのKO負けもあり得そうな展開でしたが、結局コーンソーンが芸術的なアッパーカットのカウンターでノックアウト。

感想

近藤はジャブのたびにバランスが崩壊、ジャブをミスると右が続かないどころか重心が前に倒れる。それを戻す間にボコボコ殴られました。
コーンソーンが単発だから良かったものの連打で合わされたなら速攻で終わっていたと思います。

おそらく足を止めて打てればバランスを維持できますが、今回のように踏み込んでの攻撃が必要な相手だとバランスが崩壊して連打の姿勢を作れない。そして殴られる。

コーンソーンは単調ながら世界ランカーの力強さを見せてくれましたが、3ラウンドで疲労を見せていたので長丁場になればコーンソーンは勝てないでしょう。王座は厳しそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました