エリスランディ・ララvsブライアン・カスターニョ ララの戦線復帰か、カスターニョが殴りこむか

toe2toeのYouTubeチャンネル
ニュース

エリスランディ・ララ

ララ
例えマイナー団体や地域タイトルだったとしても我々選手はそれを欲しがる。
それが世界王者への道へと続くからだ。
どんなベルトだって選手を励まして、自信を持たせてくれるんだ。
それを守るためなら死力を尽くす。マイナーかどうかなんて関係ない。

カスターニョを倒したらスーパーウェルター級の戦線へ復帰できる。
この試合ともう一つで世界王者になれると確信している。

カスターニョは踏み石なんかじゃない、優れた才能を持っっている。
間違いなくエリートレベルの力があるし、私は勝つために全てを尽くさねばならないだろう。
我々のレベルでは勝ちはマスト、内容も問われる。

ハード戦は年間最優秀試合にも選ばれた。

私はボクシングを幼い頃から始めた。
トレーニングなんて自転車に乗るのとさほど違わない。
今までと違うことをする必要もないし、ジムの外でも集中している。

私は相手の研究はしないんだ。
チームに任せている。

私の仕事はペースを作り、相手に合わせていくだけだ。
この階級で私は最強だと信じている。
ハードとの再戦だって躊躇いはない。
彼との再戦に向けてアピールできる試合をしていかなければならない。

カスターニョの保持すマイナータイトルIBOが賭けられます。
あとWBAのレギュラーベルトも?なのかな?

ララはこの階級のトップレベルで難攻不落のスタイル。スピードのないリゴンドー。
過去の対戦相手はジャレット・ハード、カネロ・アルバレス、アルフレッド・アングロ、バネス・マーティロシャン、オースティン・トラウト、ポール・ウィリアムスなどの強豪、他にもテレル・ガウシャなどの全勝プロスペクト。
並みのキャリアではありません。
カネロとハードに負けはしたものの彼の強さを十分発揮し苦しめ、互角の内容でした。

ブライアン・カスターニョ

カスターニョはアルゼンチンのトップアマチュアで連打型のパンチャー。スタミナと回転力が特徴です。
ダニエル・ジェイコブスを苦しめたデレブヤチェンコとも戦い勝利しています。

ララ攻略の鍵はアングロやハードがやったように後半勝負。
プレッシャーをかけ続ければララは7ラウンドくらいから落ちていきます。
ララの強打に絶え、攻め続けられる特別な選手だけがなんとか 足ララのを止められます。
カスターニョはそこからどこまで追い込めるか。
それまでにダメージを負いすぎるとアングロ、上手く行けばハードです。
カスターニョはスタミナがあるのでどれだけ積極的に行けるかが勝負です。

予想

ボクシングに終始しララに付き合っていると試合は終わります。
ララはカネロとハードの執拗なボディーブローには悩まされました。
それでも我慢し続けられたララの守りはちょっとやそっとじゃ崩れません。
カスターニョはスタミナもパンチも回転力もあります。
ララに勝てる要素は十分持っているのであとはどれだけ勝利への執念を見せられるか。

そろそろララに引導を渡してもいいでしょう。
カスターニョに世代交代を告げてもらいたいですね。
ララの逃げない姿勢、試合内容は置いといて(試合内容も関心ばかりですが)誰とでも戦う姿勢はかっこいいですね。

カスターニョは前回フランスの敵地で戦うなど恵まれていないので絶好のチャンス到来です。
ファンに知られると共に統一戦の可能性が出てきます。

コメント

  1. マラビジャ より:

    初のコメントです。毎回記事の更新楽しみにしております。ありがとうございます。
    この試合が直近一番楽しみです。いぶし銀のララかサイクロンのようなカスターニョか。
    実力も階級もマッチしている試合なので楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました