井岡一翔vsアストン・パリクテ 強打に耐えるのは意志の力

toe2toeのYouTubeチャンネル

パリクテはスーパーフライ級屈指のパワー

井岡vsニエテス

正直言わせてもらうと井岡はニエテスに勝っていたと思っています。
判定では確かに負けました。
しかし内容は負けていません。
ニエテスは確かに鋭いカウンターパンチを井岡に当て上手く戦っていました。
確かにアッパーカットは危険なタイミングでした。
しかし、なぜジャッジは井岡のボディーブローを評価しなかったのか疑問が残ります。
顔面への危険なクリーンヒットはニエテスだったかもしれませんが、ニエテスは試合通して井岡ボディーブローに悩まされているように見えました。
ポーカーフェイスで顔には出しませんがペースが落ちたり嫌がる素振りを見せていたと思います。

井岡vsパリクテ

それはさておき。
今回井岡にチャンスが回ってきそうです。
ニエテスが返上したベルトをパリクテと奪い合う可能性があるようです。
井岡はアローヨに勝ちニエテスと接戦。ある程度この試合には需要があるはずです。
特にフィリピン系のファンなら馴染みのある二人です。

このブログでもパリクテの復帰戦を紹介していますが、全勝のプロスペクト相手に圧巻のパフォーマンスを見せています。
手際よく仕留めるあたり流石でした。

井岡はニエテスレベルのテクニシャンでも十分渡り合えると思っていました。
しかし、このパリクテは針を通すような職人的技巧のニエテスと対照的にスーパーフライ級では大柄でとても力強い。
地面を強く蹴る、拳を加速させるといった強く動くための技に長けており体格も合わさって井岡にとってはニエテスよりやりにくい相手だと思います。

繊細さではやや劣るもののスーパーフライ級ではニエテスに次ぐ技巧派の井岡です。
井岡のボクシングの技術体系ならニエテスがパリクテにやったように技で上回りパリクテを空回りさせることができるはずです。

井岡はニエテスと遜色ない高い技術があり、スタミナではニエテスを上回っています。

強打者は本能に訴えかける

ただし、相手は強打者です。
このブログでは何度も書いていますが、強打は相手の心の力を奪います。
強打者のパンチは本能に訴えかけます。
心身が萎縮して食わないパンチを食ってしまう。

達人ニエテスが普通じゃないのは、相手が強打者だろうがなんだろうがいつもと同じような心でボクシングができることです。
驚いたり恐れたりすることがありません。

いや、きっと違いますね。
恐れていないわけがない。
きっと恐いはずです。
でもその恐怖を意志の力でコントロールしている。

長いキャリアを通して恐怖を打ち消す色んな考え方を発見し洗練させてきたのでしょう。

例えば自分の恐怖ばかり意識せず、逆に相手の立場で恐怖を想像してみるのも手です。
これは対人スポーツの選手なら最初に発見するテクニックですかね。

色んな考え方でストレスをコントロールするのもボクシングの技術です。

閑話休題
ニエテスはパリクテのパワーを持て余した前半とパリクテのスキを突いてパンチを命中させる後半では別人のようでした。
パリクテのパワーを受けてなおパニックにならず学習できる余裕。まさに達人です。

井岡にこの精神力があるならパリクテを捌けるはずです。
パリクテ相手でもいつものボクシングができるなら、シーサケット相手でも井岡の技は光るはずです。

パリクテの強打、この恐怖を乗り越えるのは井岡の知恵と経験と勇気。

コメント

  1. 一瞬のマ夏 より:

    井岡、再婚してたんですね(笑)。それはともかくパリクテ、相性としては悪そうですね。
    私は井岡が好きで日本人、いわゆる日本人体型として最高のボクシングを体現できていると思っています。でもSフライという階級は適正じゃない。井上がLフライからバンタムにいるのと井岡のそれは全く別物と思います。現状適正階級にいる井上。井岡はやっぱりLフライあたりが適正かな?と思います。でも30歳になってくる事を思えば減量などのデメリットを考えればSフライも勿論アリです。その上で必要なのは筋力アップ。個人的な私見ですがアローヨの計量の時、おっ?と感じたのです。首・上腕あたりが大きくなったのかな?と。でもニエテスの時はそう思えなかった。ただ単に印象です。そしてアローヨ戦の後の顔のハレ。
    これを本人がどう感じたか?適正以上の階級では相手に効かすパンチがどうしても必要になります。それを打つためにはタメも必要でしょうしリスクも出てくる。
    私は相手のパンチに対してもですが自身の肉体改造。ここにはまだ伸びしろはあると思っていますので鍛えて欲しいものです。
    それ以外は管理人さんに殆ど同意です。ニエテス、パリクテにあれだけ当てていたのに後半はやや打ちつかれていたように見えました。前半は当てて横に動くという事が出来ていたのが横移動出来ないパリクテのままなら良いですが、、、。

  2. 一瞬のマ夏 より:

    シーサケですか。どうなんでしょうね。井岡の長年のファンではありますが現状ではSフライでは第2グループかもしれません。ニエテス戦で明確な勝利ならば期待出来ましたが、、、。
    私も井岡の勝ちと思っています。試合をコントロール出来ていたし11rも明確に井岡だったと思っています。でも唯一パンチがきかせれていなかった。ボディショットにももう一工夫無かった。井岡のボディに対してニエテスはショートアッパー。これは戦前予想出来ていたのになぁ。。。横移動でのボディのダブルとかして欲しかったなぁ。いやいやニエテスも流石だったんですよね。シーサケは次戦のエストでどうなるか?なんだかあっさり負けるようにも思えるのですが、、、。

タイトルとURLをコピーしました