ヘビー級トッププロスペクト ダニエル・ドュボア 10戦目

toe2toeのYouTubeチャンネル
プロスペクト

イギリスのダイナマイト

試合内容

相手は196cmのドュボアより大きい202cm。
タイソン・フューリー並みです。
シャープなジャブを伸ばして相手を崩していきます。

ドュボアってこんなに軽快だっけ?というくらい出入りで勝負します。
相手はついてこられません。

2回から相手が出てきました。
危険な距離でデュボアと打ち合います。

KOの場面では腹を2回叩いて効かせて顔面へ。
強烈なのを叩き込みました。

感想

ドュボアは初回の足を使ったボクシングの方が良く見えました。
2回から相手が出てきたのでKOを意識して打ち合いました。
相手の力を見切っていたのかもしれませんが、長身の相手の右が肩越しに浅くですが何度か顔面を捉えていました。

KOの場面でも危険なタイミングでパンチがかすめていたのでチャンスでスコンと倒されるイメージもできます。

それにしてもイギリスのヘビー級は層が厚いです。
ドュボアの他にもアンソニー・ジョシュア、ジョー・ジョイス。

イギリス以外にもエフェ・アジャグバ、トニー・ヨカ、フィリップ・フルごビッチなどアマチュアの巨人が登場しているので数年後の勢力図は一変してそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました