スポンサーリンク
カテゴリー別に記事を読む

田中恒成vs田口良一 日本人対決

toe2toeのYouTubeチャンネル
スポンサーリンク

田中vs田口

試合内容

僅差ですが強靭な木村翔を倒し評価を上げた田中恒成。
一応ロマチェンコに並ぶ最短での3階級制覇者。
スピードとスキルが自慢ですが激闘型。

対する挑戦者田口はライトフライ級の元王者。
豊富なスタミナと手数が特徴で派手さはなく田中のような見栄えする技もスピードもありませんが、一度食らいついたら離さないしつこさが最大の武器。

初回は軽快に動き回るのは王者田中で速いジャブで挑戦者田口を遠ざけます。
クリーンヒットはしませんが忙しく動き回り見栄えのいい連打でジャッジにアピール。

田口は守りながらプレッシャーをかけ、うるさい田中のジャブに右を合わせて威嚇。
このうるさいジャブを止めて田口の土俵に引きずり込みたい。
田中は自ら近ずいてきてくれるので接近戦の打ち合いに巻き込めそうな雰囲気はあります。
田口は井上とフルラウンド戦えるだけあってガードが硬い。

初回終わった感想はいつもの田中。軽快に動き回っていてもどうしても近い距離で攻防したがります。
ガードの固さと上手さは田口で接近戦で上回りますし、田中のジャブにかぶせる右は威力こそ大してありませんが、抑止力として利いてきそうです。
田口のコンディションが非常に良く、田中のジャブに再三合わせて準備が周到です。
田中はなぜ近ずいていくのかわかりません。
速く、連射できるジャブの距離でこの足ならそうそう打たれないと思うんですが…

3ラウンド田口が田中の顔面に効かせれば今度は田中のボディーブロー。
手応えを感じた田中は執拗に狙います。
聞かされた田口接近戦ができません。

4ラウンド田口は腹を意識して対応が遅れてしまい今までの硬いガードが維持できない。
田中がペースを握ったか。
それにしても動き回る田中は疲れる気配なし。
最後まで打ち続けられそうな勢い。普通ボディーを効かされこれだけ動き回られると気持ちが折れそうですが、田口は苦しそうに歯を食い縛り徹底抗戦の姿勢。

中盤からKOを意識して執拗な攻撃を繰り返す田中ですが、徹底抗戦を決意した田口は死ぬまで辞めそうありません。
効かせた下を見せて上といった効果的なコンビネーションで当たってはいるんですが、こっから普通じゃない田口、折れません。
毎回凄まじい気力です。
田中に執拗に腹を狙われるので接近しても押し返されてしまう田口。苦しい状況です。

9ラウンドから息を吹き返した田口が手数を増やして打ち合います。
田中も強気で打ち合いは退きません。

最後まで初回かと思わされる運動量を維持し両者打ち合いました。

感想

田口が成長し続けています。序盤で腹を効かされたのが痛かった。ペースを握られました。

そして田中のスタミナどうなってんだ。
半端じゃない。
半端じゃない田口と比べても圧倒的運動量。
この運動量は鍛えてどうこうのレベルなのか?

今回は両者の込め持ち味を出し切る素晴らしい試合でした。
夕方にやるのはもったいない。

スペンス-マイキーの前にいいもの見れました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました