エロール・スペンスvsマイキー・ガルシア ロマチエンコ、クロフォードと戦え

toe2toeのYouTubeチャンネル
観戦記録

歴史に名を刻む英雄か?それともアホか?

試合内容

初回はスペンスが積極的にジャブをついてプレッシャーをかけます。
後半はガルシアが押し返して終了。
相変わらずガルシアの設定する間合は遠い。非常に強力な特徴です。
スベンスのボディー攻撃に対しても顔色一つ変えないあたりはさすがです。

ボクシングではやはりガルシアか?

2回が終わって自信をもってやっているのはガルシアにみえます。
スペンスは手数はありますが守れる距離を維持しながら。いつもの威力は出しません。

3回はスペンスが左のパワーパンチを打ちこみ始めました。
しかしガルシアもペースは奪わせまいと得意のワンツーを返します。
主導権争いが激しくなってきました。

4回からスペンスはペースアップ、ガードの上からでも効きそうなロングフックを叩きつけます。
ガルシア腹が効いてきて意識が下がり始めました。

5回はガルシアのプルカウンターがヒット。
攻勢をかけて威嚇します。
しかしガルシアは時間を追うごとにきつくなります。
ボディーブローを警戒して踏み込めません、

6回から守りに追われるガルシア。
スペンスの距離になり始めます。
ガルシアはそろそろ考える余裕がなくなってきているように見えます。

7回、やばいのが腹にカウンターで入りました。ガルシアは一瞬苦しそうな仕草を見せます。
スペンスはジャブの距離にガルシアを釘付けにし、どうにか当てたいと前進するガルシアを突き放す。

8回、スペンスは右フックをまでフォローさせる余裕が出てきました。

9回、余裕はないガルシア。
スペンスはガルシアをジャブでコントロールして強打を狙っています。
この辺から確実にKOを意識して執拗に追い立てます。
コンビネーションを繰り出して一方的ないつものスベンス。

こんなガルシアは見たくなかった。
得意のワンツーに切れはなく跳ね返されます。

10回ガルシアはなんとか9回をサバイブ、主導権を奪ったスペンスは後は倒すだけ。
引き続きジャブで小突き回してビッグショットを狙います。
守りの固いガルシアを突き破れるか?

ガルシア、残すは闘志のみ。
思考している暇も余裕もありません。

チャンピオンシップラウンドに突入。
スペンスはガルシアを滅多打ち。
ガルシアは逆転の力どころか最後まで立っている力が残されているか怪しくなってきました。

最終回。
スペンスは執拗に攻めます。
ガルシアもKOはされまいと徹底抗戦。
死力を尽くしします。

感想

ガルシアは無謀でした。
スペンスの強さの前に攻撃では魅せられず。
しかし防御面は小さく最小限で守りに致命傷は回避。素晴らしいディフェンスでした。
最後までスペンスの攻撃に耐え続ける気持ちの強さを見せてくれました。

そしてスペンス、容赦ない。そして冷静さもあると。
ウェルター級のだれがスペンスと戦ってくれるやら…

ビッグファイトでしたが、結局は大方の予想通りの内容。

しかし彼らの今後のキャリアの方が大切です。
スペンスやガルシアの今後や如何に。

コメント

  1. 一瞬のマ夏 より:

    私の予想の棄権は外れましたね。でもセコンドは棄権の提案はしていたみたいですが。。。
    階級の壁も無責任な我々外野はある意味楽しみにしてしまいがちですが、やっぱり選手の事を思うと階級別のスポーツはちゃんと適正階級にいるべきかなぁと思いました。
    マイキーの挑戦は分かるけど、やっぱり。。。でもスペンスに挑戦する事でブランドは下がりませんね。先日のリナレスとは違います。しっかり自分をプロモート出来る環境がありますね。
    個人的には一番好きな選手、クロフォードにスペンスとやって欲しいなぁ。。。

    そしてマイキーはロマとやる事になるんじゃないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました