アルツール・ベテルビエフvsラディボエ・カラジッチ/ジェルウィン・アンカハスvs船井龍一

toe2toeのYouTubeチャンネル
ニュース

アメリカ人がメインじゃない

ジェルウィン・アンカハスvs船井龍一

ベテルビエフと同じイベントで戦います。
すごいですよねアメリカってメインにアメリカ人いません。
多民族国家というのとスポーツそのものに対する需要があります。

船井のタイトル挑戦決まりましたね。
スーパーフライ級。アメリカ。

あれだけ沢山いた日本人王者も減ってしまったので船井にとってはチャンスですね。
埋もれることがなく見てもらえる。

海外でそして相手は強打者ハンカハス。

アンカハスは確かにパンチがあって上手く強いですが、負けが無いわけでもないし欠点が無いわけでもない。
厳しい戦いなのは変わりませんが、最近冴えないアンカハスと勢いに乗る船井ならどう転ぶか分かりません。

そしてもし勝てればこの階級のベスト、PFPのシーサケットと戦う可能性だってあります。
シーサケットに勝てばここ階級の主役になれますし、箔がつきます。
今のシーサケットは激戦続きで消耗が見て取れるほどになってるので誰に負けてもおかしくない。
シーサケットが支えていると言っていい階級なので、エストラーダに負けるならまだしも、よく分からんやつに負けでもしたらこの階級は終わりです。
一気にいつものしょぼいスーパーフライ級に戻ってしまいます。

一時はシーサケットとローマン・ゴンザレスの死闘によって火がつくかと思いましたが、ゴンザレスの人気を井上尚弥が引き継ぎ、彼の転級とその後の圧倒的な輝きの前に影となっています。

井上、ゴンザレス、シーサケット、アンカハスがやるか?やらないか?みたいな時は関心を持ってたんですが、正直言う既に興味のない階級になってしまいました。
井岡は負けたし、ヤファイもアンカハスも安牌ばかり、ゴンザレスは既にレガシーと。
シーサケットとエストラーダの後はもう何が残りますかね…

アルツール・ベテルビエフvsラディボエ・カラジッチ

ベテルビエフの防衛戦が決まりました。
トップランクです。
カナダのイヴォン・ミッチェルとの裁判はようやく終わったようです。
トップランクのESPNにはコバレフとグヴォジクがいるので統一戦の可能性があります。

一時は超人的な怪力で無敵感が漂っていましたが、カラム・ジョンソン戦で痛烈なダウンを喫するなどついに守りの弱点が露呈し始めました。

今回の相手はラディボエ・カラジッチ。
よく知りませんが、マーカス・ブラウンにSDで負けているだけ。
きっと強いでしょう。
でもベテルビエフにここで負けてもらっては困りますね。
因縁のセルゲイ・コバレフとの統一戦でどっちが強いか決めてもらわないと。

これは結構有名ですが、コバレフはアマチュアではベテルビエフに2戦2敗。負け越し連敗。
これを恨んでいるのはコバレフで、ベテルビエフに何度か噛み付いていました。
その時はベテルビエフが王者でなく、しかも裁判中だったので結局戦いませんでしたが、今は二人王者。
年齢的に決着を着けるなら最後の機会です。
コバレフはアルバレスにリベンジして新しい姿を見せたばかり、ベテルビエフはようやく問題を解決して前へ進める状態。
ベテルビエフがラディボエ・カラジッチを倒した後は景気よく統一戦ですね。

現役最強レベルのパンチャー対決。
暴力vs暴力。

コバレフはインスタで早速試合のポスター作って挑発してました。
この辺の仕事の速さは流石コバレフですね。

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

ついでにアンソニー・ヤーデ。

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

峠を越えた二人、だけどどうしても見たい暴力対決。

Must-See Match-Up: Sergey Kovalev vs. Artur Beterbiev

コメント

タイトルとURLをコピーしました