望月直樹vs中谷潤人 日本フライ級 トッププロスペクト

toe2toeのYouTubeチャンネル

未来の王者

日本人プロスペクト

たまには日本人の記事でも。
日本にはライト級のOPBF王者中谷正義、日本ミドル級王者の竹迫司登、後はまだ何者でもない平岡アンディー、アフガニスタンのクドゥラ金子、勅使河原弘晶など期待できる選手がいます。
でもフライ級の中谷が一番可能性ありますね。

竹迫は前回の防衛戦で加藤収二とドロー。一直線で強いですが、幅がない。正直階級的にも世界は厳しそう。
ライト級の中谷は長身でスピードがあってうまいですが、これだけでは厳しいかなあ、ロマチェンコとコミーだしね。
いや。決定戦で相手を厳選すれば十分あり得ますか。

勅使河原はジョシュケリー的なボクシングですが、ガードあげたほうがいい。前の試合もパンチがあったら倒されていたし、そうでなくてもコンパクトなボクシングでジャブがある程度上手ければ攻略されそうです。そして反応速度を上げるためのあのピクピクとしたリズムが12ラウンズ保つかも疑問。
でも力強いので普通にボクシングすれば強うそうです。

クドゥラは大手ジムに環境変えたほうがいい。潜在能力はあり若いので可能性は十分にあります。
アンディーはこれから。でも潜在能力は計り知れない。陸上やってた走力はボクシングにも活きます。

日本フライ級王座決定戦

話を戻して。
中谷は新人王の頃はまだ少年で力強さが物足りない印象でしたが、ここ数年確実に力強さを増して自信と強さを深めています。

ボクシングの技術は国内で活躍する選手の中ではピカイチ。
望月は中谷のボクシングを封じ込めようとラフにやりましたが、体力が持たなかった。

中谷も冷静に対応し要所要所は抑えてKO。

大人になり力強くなりました。
あと一皮剥けたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました