スポンサーリンク

シャフカズホン・ラヒモフ スーパーフェザー級トッププロスペクト 伊藤は勝てる?

toe2toeのYouTubeチャンネル
プロスペクト
スポンサーリンク

ロシア強い

試合内容

このRCCboxingというプロモーターはいい選手を抱えていて、スーパーフェザー級ではこのラヒモフ、ヤクボフ、カミロフがいます。
きっと他にもいるでしょう。

私の中ではヤクボフ>ラヒモフ>>ミカロフ
デービスに迫れそうなのはヤクボフかなあと思っていますが、それでもきっと敵いません。
今回はラヒモフ。

IBO WORLD | Шавкат Рахимов, Россия vs Рофхива Маему, ЮАР | 23.03.2019 | RCC Boxing Promotions

相手の南アフリカ人マエムは18勝12KO7敗。
パンチはあるようですが負けも多いのでラヒモフはKOで片付けたい。

マエムはやる気満々です。アップセットを狙って強打を出し惜しみなく振り回します。
意表を突かれたラヒモフは後手に回らされました。落ち着いて反撃なるか?
マエム、力強い。ラヒモフのガードの上から体を揺らします。

しかし一度落ち着いたラヒモフは反撃を開始、本気のラヒモフとマエムでは技の桁が違います。
マエムも一歩も引かず強いのですが、本気のラヒモフは押し返せず一気に守勢に。

ラヒモフは一度攻勢に転ずると一度も攻防を交代せず、執拗な攻撃でマエムに休む間を与えません。
得意の左ボディーブローを2度当てて試合を終わらせました。

感想

マエムは恐れず立ち向かい、アップセットを狙ってきました。
最近のフィリピン人はこれで何度もアップセットを起こしていますのでラヒモフはいい経験になったと思います。
これでビビって立て直せなくなる選手も多い。

それにしてもラヒモフの攻めは鬼でした。1秒も休ませません。
伊藤はこのレベルに勝てますかね。

コメント

  1. 一瞬のマ夏 より:

    伊藤に関しては、久々にまだ化けそうな気もしています。尾川、内藤ではなく伊藤が世界王者としてふさわしくなるとは、、、(沢木耕太郎の一瞬の夏でのカシアス内藤を思うと内藤に頑張って欲しいですがSライトじゃなぁ)。
    ラヒモフはL字を辞めて大正解でしたね。よっぽど考え直したのでしょうね。映像見ると何度もセコンドの指示を確認しているのが見えました。信頼関係が良好なのでしょうね。
    勘も良いし左は強くガードも高くした。でも敢えて言えば右をもうちょっと。。。
    伊藤とラヒモフ。現時点では伊藤かも?
    応援はラヒモフですけど。

    • とーとぅーとー より:

      その三人だと最下位の評価だった気がするんですが、大逆転ですよね。
      リッキーはスーパーライト級では厳しいでしょう。
      スーパーフェザーですらフィジカルは頼りない。
      この前三迫の選手との試合では負けでもおかしくない内容。
      国内でもスーパーライト級なら勝て無くなりそうです。

      ラヒモフはどこまでいけますかねえ。
      楽しみな選手です。

タイトルとURLをコピーしました