ショーン・ポーターvsエロール・スペンス ポーターはハグラーやモズリーになれるか

toe2toeのYouTubeチャンネル
ニュース

ミドル級とライト級のレジェンド

モズリーってブルーアイズなんだよな

ポーター
次はスペンスと戦えると思っている。
PPVでね。
知っての通り、俺はボックスだってできる。
グラナドスやダニー・ガルシア相手にやってみせたようにね。

スペンスは12ラウンズ、俺がファイトすると考えてるかもしれない。
でもそんなことはしないよ。
6か7から積極性を出していく。

スペンスと戦うなら100%の状態が必要だ。
そのために必要なことは分かっている。
既にトレーニングを再開しているんだ。
いつ電話が来ても良いようにね。
俺はコレがどうゆう機会なのか承知してる。
ベルトがどうとかいう話をしているんじゃない。
人生の全てなんだ。全てを捧げて彼に備える。

俺はシェーン・モズリーやマービン・ハグラーに憧れてるんだ。
彼らのようになりたいと思い続けてきた。
困難に立ち向かって行く。
シェーンならやるはずだ。

ハグラー、彼は相手のホームでも関係なく戦った。
俺もスペンスのホームに行ってもいい。
マービンに憧れている。
彼と同じことをする。
このパズルを完成させる。

今のところは口だけだけど、俺はそう言い続けてきたように、やるつもりだ。
怖いものなんてないよ。

スペンスvsポーターの対決はスペンスvsクロフォードの次に見たい組み合わせです。
ポーターはやりたいボクシングとできるボクシングにギャップがあると以前書きましたが、ダニー・ガルシア戦、ヨルデニス・ウガス戦を見るとそのギャップは埋まってきています。
ボクシングと真剣に向き合っている証拠だと思います。

ポーターは強いです。
攻撃のフットワークの速さはウェルター級でもトップクラス、突進ならパッキャオ並みです。
スタミナも豊富で忙しくリングを動き回ります。
揉み合いにも強く相手の技術を封じる強靭な肉体を持っており、誰にとっても厄介なファイターです。

ウガス戦を思い出すとポーターはアウトボクシングできましたが、力強いウガスに跳ね返される場面もありました。
ウガスと比べても比較にならないスペンスのフィジカル。
ポーターと言えどもスペンスと打ち合うのは自殺行為でしょう。
強靭さだけでなくスペンスは頭や肘を押し込む反則スレスレの喧嘩も得意としています。
ポーターの土俵であるレスリングでも押し返されそうです。

スペンス攻略

スペンス攻略はやっぱり徹底したアウトボクシングしかない気がします。
とにかくスペンスとの接触を回避してタッチボクシング。

ポーターは速い足があり、本人も言うようにアウトボクシングに自信を深めているようなのでセリク・サピエフがスペンスを完封したようなボクシングを模倣できるかもしれません。

ポーターのスタミナなら12ラウンズ動き続けられるでしょう。
敏捷性はスペンスを上回ります。

スペンスはPPVも経験して着実に地位を築いていますね。
強気ですが大人しめです。どこまで人気を集められますかね。

正直スペンス攻略はアメリカ人には無理な気がします。
やはりアマチュアでポーターやクロフォード、スペンスの遥か上を走っていた彼らしかいない。

打倒スペンス

アレクサンダー・ベスプーチン。

最速級のハンドスピードと弾丸の如き踏み込み。
ロマチェンコを崇拝し進化する超人。

ダニヤル・イエレウシノフ

第六感を持つカザフのエリートボクサー。
曲芸的なディフェンスがあります。

モハメド・ラビー

モロッコの怪物。
重い拳と致命的なカウンターが武器の本格派です。

ゴア・イエリツィアン

発音はイエリツィアンみたいです。
私の一押し。
スピード、パワー、スキル文句なし。
何より只者ではない風格が漂っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました