バティル・ジュケムバイエフ 15戦目 天才的身のこなし

toe2toeのYouTubeチャンネル
プロスペクト

激戦のスーパーライト級う

試合内容

最近忙しい…

ジュケムバイエフはトランクスに777と刺繍しています。GGGを意識しているんだと思いますがどんな意味なんだろう。

もっとクラウチングな印象だったんですが今日は上体が立ってます。
マイナーチェンジ?
相手のヒルベルト・メサはは10勝6敗。まあ大したことありません。

メサはジュケムバイエフの強打を警戒して忙しく動き回ります。
時々右構えに変えてみたりミスを誘そおうとしますが全く隙を作れません。

ジュケムバイエフは相変わらずいいパフォーマンスです。
相手が出てきても距離を維持できる足、距離が近づくと肩を当ててはじき返す、おでこを相手の顔に押し付けて後退させる(ゴロフキンも得意のダーティーテクニック)。
距離のコントロールで押したり引いたりの身のこなしがロマチェンコを彷彿させます。天才的。
最小限のスリッピング、ブロッキング、パーリング、ダッキングなんでもござれ。そしてすぐさまリターンを返していく。
ガードもタイトだし、近い距離でもショートのアッパーカットやフックが冴えます。

ジュケムバイエフ、すごいディフェンスです。
小さく動いてどんどん安全な場所にポジショニングしていきます。
ロマチェンコ的。

感想

ジュケムバイエフはかなり訓練されている印象です。本当にボクシングがうまい。
唖然としました。実際に戦うと体験するうまさは見た目以上だと思います、

スーパーライト級の競争はボクシングでもっとも激しいです。
やばいやつだけ集めたwbssやってくんないかな,..
wbssは優勝しても最強じゃない…

コメント

タイトルとURLをコピーしました