テレンス・クロフォードvsアミール・カーン カーンはポテンシャル活かせてない

toe2toeのYouTubeチャンネル
ニュース

カーンはスピード活かせ

勝ちに徹する

クロフォード
俺はカーンの顎がどうとか興味はない、勝つことを優先する。
ノックアウトは狙わない。
ボクシングに絶対はない。12ラウンズ戦うつもりで準備している。

カーンと戦ってどうなるか、当然理解してる。
奴に失うものなんてないんだからな。

俺は真剣にこの試合を捉えている。
試合の前からに勝利を確信するようなファイターも多いが、俺はそんなことはしない。

クロフォードはこの試合、印象的な勝ち方でPBCのビッグネームを引きずりだしたい。
クロフォードがかわいそうなのがこの試合に勝っても先が見えないこと。
PBCはスペンス、パッキャオ、ポーター、あとサーマンがいますがトップランクはといえば無名で最近冴えないカバリアウスカス、強いけど無名のベスプーチン。
儲からん。

ブルックは関係ないけどディスっとく

カーン
最高の試合にしたい。
私は大きな試合でで勝ちも負けもある。
だけど重要なのはビッグファイトを戦ってきたってことなんだ。
ベストと戦ったファイター、そう記憶してほしいと思う。
勝ち負けじゃない。
そしてこれは私にとってベストと戦うチャンスだ。

もっと簡単な道だってあった。
ケル・ブルックを料理してやる手だってあった。
だが私は自分んに「NO」を突き付けた。
これは世界タイトルのチャンスなんだ。
この試合に勝てつことができれば名を上げられるんんだ。
そしてイギリス出身のベストファイターとして歴史に刻まれるだろう。

これは歴史に私の名を刻む試合だ。
ケル・ブルックとかそうゆう相手ではないんだ。

これがファイターの姿で、私は自分を信じている。
ハードワークをこなしてきた。負けを糧としてきた。
ファンの力も借りてここまで来れたんだ。
彼らが背中を押してくれたから今がある。
彼らなしではここまでこれなかったはずだ。

とりあえずケル・ブルックでぃすっとけの精神。
本当に仲悪いんですね。
絶対ブルックより上に立ちたいカーン。

カーンはデビューしたては衝撃的でしたけどね。
ポテンシャル活かしきれてないと思います。

カネロをアウトボックスしてました。
3ラウンドくらいまで「おおおおお、ついに本性を現したな!?」でしたね。
最後はきれいに散りすぎましたけど。

マイダナとかラモン・ピーターソンと殴り合ってるような選手じゃないと思うんです。
足はあるしボクシングも上手い。
そしてあのハンドスピード。
素直にアウトボクシングせい。

ものすごい乱暴なスパーリングをするらしいんで気性ががらいんでしょうね。

カネロ戦の戦い方でクロフォード苦戦させてほしいと思っています。

コメント

  1. あな より:

    カーンはあまりにも注意力というか集中力が上下しすぎるので確証はありませんが自分はこの試合カーンがko勝ちすると予想します クロフォー℃は打たれ強いので効かせたあと倒せるかも分かりませんが…
    クロフォードがポストルにやられた事をカーンがデボン戦のクオリティで再現できれば…
    更にいうとあくまでもカーンがアウトボクスしたカネロとクロフォードでは体重差がある訳で更にクロフォードが苦戦したガンボアとは体重関係が逆
    カーンが引き気味に戦う理由はないと思ってます

タイトルとURLをコピーしました