オレクサンドル・ウシクとウラジミール・クリチコ

toe2toeのYouTubeチャンネル
ニュース

ウシクとクリチコ

ウシクのヘビー級デビュー戦の相手はカルロス・タカム

ウシクのデビュー戦はDAZN、相手はカルロス・タカムです。

最近だとジョシュアとチゾラに連敗しています。
いまさらヘビー級王者になれるような選手ではありませんが、ポベトキンやジョシュアといったビッグネームと戦った経験があります。
38歳、36勝28ko5敗1分。
ポベトキンに負けてはいますが10回戦ったら五分五分くらいじゃないかなあと思います。
中近距離が得意な距離でジョシュアとの戦いではでかいジョシュアのパワーと長いジャブに悩まされましたが、時折飛び込んで連打を見舞う勇気も見せていました。
基本的には近距離での撃ち合いに強い選手です。

ウシクのデビュー戦どうなりますかね、タカムはタフな相手です。
タカムがウシク相手に消極的にやる理由もないのでプレッシャーをかけてくると思います。
でもタカムの足とスピードでウシクを追いかけられるとも思わない。

判定でウシクだろうな。

クリチコ復帰?!

DAZNが高額のオファーを出したみたいです。
クリチコもまだボクシングやりたいって雰囲気もありますので復帰してくるんじゃないかと思います。
ジョシュア戦のフットワークはクリチコの巨体に似合わず軽快でした。
同じサイズで軽快に動けるジョシュアをさらに上回る一回り上のおじさん。

最後は年なのか経験からなのか致命的なダメージを与えたのに、追撃を躊躇い回復したジョシュアに逆襲されました。
でもまあ、安心はしました。
次世代のスターがおっさんボクサーにいいようにやられたんじゃボクシングの未来は暗い。

しっかり世代交代か済んだと思ったんですが、時間の経過とともにボクシングやりたそうな感じ出していました。
これだけのビッグネームなのでいろんなオファーもあったのも関係していると思います。
もういいかなーとファンとしては思います。
彼はジョシュアと戦って役割を終えたんだと思っています。
年も年だし歴戦のダメージも心配です。

タカムの試合を見返したりしてて思ったんですけどね、クリチコやタカムって高齢のくせにすごい体しています。
アナボリックステロイドは使ってんだろうな。さすがに異常な体してる。
復帰した時の体格にも注目しておこう。

それにしてもDAZNの勢いというかやり方は凄い。
根こそぎスター選手をかっさらっていきます。
他のテレビ局はたまったもんじゃない。
amazonが資本を一気に投下して小売りを焼き払ってしまいましたが、同じやり方ですね。
ローカルや力のないテレビ局ネットワークを根こそぎ破壊して追随を許さない。
まったく競争がなくなるほど独占するとこれまた問題ですが、これは選手にとってはいいことなんじゃないかと思います。
ビッグマッチにたどり着く前に引退なんてことになるのが一番悲惨ですから。
実際に実現しないだろうとか言われていたカネロvsジェイコブスが実現しましたし、ゴロフキン、アンドレイド、サンダースなど今まで交わることのなかった選手が交錯していくのはファンとして本当に面白い。

ファンが見たいビッグマッチほど実現しないという格闘技のゆがんだビジネスモデルに一石を投じてほしいですね。
話がそれました。

ウシクvsクリチコのスパーリングの目撃者がいます。

コメント

  1. 一瞬のマ夏 より:

    ウシク、好みは別として応援していたガシエフが全く通用しなかったのを見てショックでしたし
    PFPはウシクなんじゃないかとそこで改めて思いました。
    グヴォジクとやった時はつまらんボクシングかなぁくらいでしたが。。。
    あの体格でフィジカルで優っているのにあのボクシングですものね。
    ヘビーでも数試合すればワイルダーは間違いなく勝てないと思います。
    ジョシュアは、、、序盤で倒せなければやっぱり勝てない。むしろフューリーならどうでしょうか?

  2. 一瞬のマ夏 より:

    グヴォジクじゃなくてグウォヴァツキでした。

タイトルとURLをコピーしました