木村翔vsタイ人 中国こそアジア人軽量級の主戦場 本格的な強さの木村

toe2toeのYouTubeチャンネル
観戦記録

中国人のためのイベントでメインをはれる日本人、それを受け入れられる中国人

本格的な強さの木村

なんどもこのブログで書いていますが、中国人のためのイベントのメインに外人を起用できるイベンター、普通にそれを受け入れられるボクシング、格闘技ファンのメンタリティーは見習うべきだと思います。
どうしてなんだろう?単純にK1ヘビー級の時のように格闘技に対する純粋な需要があるんですかね。

仮に日本の英雄井上を打ち破った中国人選手がいたとして、「よし、次はこいつをメインに客を呼ぶぞ!」ってなるのがすごいし、それを受け入れるファンも凄い。
結局木村は中国でスター選手のようだし、商魂たくましいというか、転んでもただでは起きないというか。
この発想とか姿勢は見習いたいもんです。

前置きが長くなりましたが、見逃していた木村の試合です。
本格的な選手になってきました。本当に強い。
私は田中に勝てると思っていましたし、試合の後でも木村の勝ちだったと思っています。

試合内容

ハイガードで前進し多彩なコンビネーションで迫ります。
強弱をつけて足を止めたり左の連打といったテクニック、本気を出した時のパワーは王者のそれ。
連打でも一発でも倒せる力があります。

感想

ダウンとKOの時のパンチの打ち分けと迫力が見事でした。
ゾウ・シミン、田中恒成を経て燃え尽きたかと思いましたが、まだまだ王者級の実力があります。
それどころかまだまだ強くなれる選手に見えました。
ビッグファイトがフライ級にないならスーパーフライ級に行っても勝負になると思います。
エストラーダは難しいかもしれませんが、これだけ固い守りならシーサケットとでも打ち合えそう。
今後に期待します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました