スポンサーリンク

ゲナンディー・ゴロフキンvsスティーブ・ロールズ ゴロフキン最終章

toe2toeのYouTubeチャンネル
NEWS
スポンサーリンク

ゴロフキンには全く興味のないカネロ

DAZNデビュー戦

ゴロフキン
マディソン・スクエア・ガーデンに「ビッグドラマショー」が起こる。
ファンには私の最高の姿をお見せする。
オール・アクションだ。

スティーブ・ロールズ

19勝10KO
35歳
カナダ

Steve Rolls Canadian Amateur Champion Making his Professional Debut
Steve Mr. Rolls vs Tim Vadeles APRIL 26/13, HFX., N.S. CANADA , HD 1080p

この程度ならゴロフキンが軽く沈めるはずです。

4か5でKOだと思います。
もし不出来だとして、相手も35歳なら年齢は言い訳にできません。

ゴロフキンの加齢とダメージの蓄積が気になります。
ずっとチャンピオンシップを戦い、レミュー、ジェイコブスやカネロといったパンチャーとの連戦。
パンチを食わない選手ではないのでダメージも蓄積している。
良くわからん相手の大した事ないパンチ立てなくなるなんて姿は見たくない。

急がないとカネロには追いつけない

カネロ
もう勝ったんだ。
疑いなんてないだろう。

もう終わったことなんだ。
だけど他にオプションが無いならやるよ。
やるなら素晴らしいファイトを約束する。

カネロは彼自身の野心の為にライトヘビー級のビッグネームコバレフとの試合に食指を伸ばそうとしています。
カネロの野心はメキシコのオールタイムベスト、歴史上のNo.1になることじゃないかと思います。
周囲も意識し始めている段階でインパクトを残すなら4階級目、フィールディングと違ってコバレフなら誰も文句言えません。

ボクシング界での人気と知名度はカネロ>>>>>ゴロフキン>>コバレフです。
カネロとゴロフキンの出来次第ではボクシングファンの注目はゴロフキンとの優劣よりもカネロの潜在能力、一体メキシコのスーパースターがどこまで行けるか?になりそうな気がします。
そっちの方が大きな金が動きそうだし。

ゴロフキンにはカネロとの三戦目の為に今年はバッタバッタとなぎ倒してほしい。
久しぶりにゴロフキンの豪快なKOが見たい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました