スポンサーリンク

テレンス・クロフォードvsアミール・カーン PFPvsシルバーメダリスト

観戦記録
スポンサーリンク

スペンスと戦え

試合内容

最近はサウスポーで戦っていたクロフォードですが今日は本気なのかオーソドックス。
スピードのあるクロフォードと比べても早いカーン。
今日のクロフォードはトラブルあるか?
https://www.youtube.com/watch?v=joRcjqS3Oio
初回にカーンのジャブに合わせて右をヒットダウンを奪います。
カーン効きましたがゴングに救われました。

2回は勝負を急がないクロフォード。
カーンはダメージとカウンターを警戒してなかなか踏み込めない。

3回にはサウスポーにスイッチし余裕の出てきたクロフォード。
正確なパンチでダメージを与えます。

4回終わりににはボディーブローを効かせました。

5回は効かせたボディーブローを囮に顔面にもダメージを与え、狙い撃ちです。

ローブローで試合が止まって、終了。
クロフォードのTKO。

感想

カーンのスピードを全く苦にせず初回からダウンを奪い、その後も上下を打ち分け、カウンターをビシビシ決めて完全にコントロールしました。
結末はよく分かんらんな。

結果はクロフォードの勝ちと出ているけど、ギブアップ?ドクターストップ?
内容は良かっただけに後味が悪い結果に終わったのが残念です。

コメント

  1. 一瞬のマ夏 より:

    予想以上に差のある試合でしたね。スピードがいくらあっても何もさせない。
    やり方は違えどロマと同じように相手がどんどん詰められていく。。。
    地獄ですね。ウエルターにもしっかり馴染んだと見ました。
    これはスペンス相手でもきっちり勝つんじゃないかと思いました。
    ファンとしては嬉しい限りです。

    • とーとぅーとー より:

      私も同感です。スペンス相手にやるんじゃないかと。カーン、ディアス。メダリストが子供扱いはちょっと信じ難いほど。
      懸念はやっぱり耐久力ですね。
      生まれ持った骨格はスペンスが大きく上回っていますので、それに物を言わせたストリートファイトしかないしそれが一番怖い。
      クロフォードはその辺の上手さはホーン戦で見せていましたが、スペンス相手にできるか。
      マイキーとロマチェンコ、クロフォードとスペンス。これ以上にない組み合わせです。