シャフラム・ギヤソフvsエマニュエル・テイラー 試練のギヤソフ

toe2toeのYouTubeチャンネル
プロスペクト

ギヤソフの試練

試合内容

初の10回戦のギヤソフ。
相手のテイラーはマティセにぼっこぼこにされて以来の試合です。久しぶりですね。
過去に現スーパーライト級王者ホセ・ラミレスと壮絶な打ち合いを演じたアントニオ・オロズコ、4階級王者エイドリアン・ブローナー、元王者クリス・アルジェリに判定負け。
実力者ですが王者級には及ばない程度。

初回から積極的なギヤソフ。
いつも通りです。テイラーは様子見ですがしっかり守ります。
ギヤソフがバランスを崩して慌てたところにタイミング良くパンチが入りました。
効いています。大ピンチ。これがプロのグラブ、厚い戦うアマチュアとの違いです。
初回は生き延びました。

2回テイラーは自信をつけてギヤソフに迫ります。
ハイガードでブロックしながら前進し危険な強打を打ち込みます。

ギヤソフは手数とスピードでアピールはしていますが守りが固いテイラーからクリーンヒットはほとんど奪えません。
4回に派手にカウンターを食ってピンチ。
ここで終わっていてもおかしくないパンチでした。

その後も見栄え良く叩きますがガードの上、ダメージは奪えません。

UDでギヤソフ。

感想

ポイントよりもっと接戦に見えました。ダメージをより与えたのはテイラーでしょう。
大苦戦ですね。しかし勝利はもぎ取りました。

マティセ以外にはKO負けのないテイラーです。
アマチュアでの輝かしい実績がなければギヤソフのキャリアで戦える相手ではありません。

今回の内容はギヤソフはプロの12回戦に不安を残す結果となりました。
攻撃的なんですが今日は常に正面につっ立ち守りが留守。前はもっとぴょんぴょん跳ねていた気がしますが効かされて崩れましたかね。
耐久力にも疑問が残りました。
それからフルスイングしてもびくともしないテイラー、パワーにも疑問符が。

スキルとスピードなら既に王者級なんですけどね。
テイラーをノックアウトしているマティセはやっぱり歴史的なハードパンチャーでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました