スポンサーリンク

シーサケット・ソー・ルンビサイvsファン・フランシスコ・エストラーダ どうしたシーサケット

観戦記録
スポンサーリンク

いけブルドーザーシーサケット

試合内容

前回は後半エストラーダに逆襲を許してしまったので今回はゴンザレス同様返り討ちにしてくれ。


なぜかオーソドックスで始めたシーサケット。
力で押し返せていた前回とは違いエストラーダの反撃を許します。
ロングレンジで組み立てるエストラーダ。
どうした。シーサケットにいつもの威圧感がありません。体調が悪いのか?怪我?

シーサケットはロングレンジでしっかり崩せない、打ち終わりは流れるでいつもの悪い部分ばかりが目立ち、破壊力や積極性といったいい部分が消失しています。
エストラーダは重さはありませんが力みが少なく、防御では足で距離とポジションをコントロールしシーサケットのオフバランスを誘発します。
脱力したいいパンチです。
コンビネーションなら確実にダメージを与えられると思いますがスタミナに気を配りながら守りを意識、打ち終わりに退くのが速い。
打ち合いにさせません。エストラーダの知性が目立ちます。

9回からサウスポーのシーサケット。
消耗し力はありませんがエストラーダはやりにくそうです。

UDでエストラーダ。

感想

何でサウスポーでやらなかんだ。
エストラーダにコントロールされました。力も感じず威圧できないのならシーサケットはいい鴨だ。
シーサケットの今後が気になります。
エストラーダとの試合の前の試合でも不吉な前兆は見せていました。
恋人との破局が影響しているのか。怪我や病気なのか、それともエストラーダが無力化したのか分かりませんが今日のシーサケットに力強さは感じられなかった。

この階級は井岡と今度ハンカハスに挑戦する船井が居ますね。
エストラーダの動向も注意しないとな。

コメント

  1. 一瞬のマ夏 より:

    う~ん、ストレスの溜まる試合でしたねぇ。エストは確かに良いボクサーですけど、誰とでも良い試合をするというか。。。やっぱりスタミナが凄いという事なんでしょうか。シーサケのオーソは良いアイデアと思いますが、使うラウンドは3~8r位にして欲しかったです。
    噛み合っているようで噛み合わない両者と思えました。
    エストはパンチの精度がやや低いのでしょうかねぇ。ニエテス、エストなら勝てるかも。と思えました。以前、みんながフライにいる時にはニエテスや井岡はエストにフィジカルでやられるように見えましたけど、、、現在ならいけるのかも?とも思えます。
    アンカハスの今現在を船井戦で見てからどう絡むか楽しみですね。船井は正直、勝てると思えません。日本人ボクサーのタイトル挑戦までいけるけど勝てない選手の典型として手数(ジャブ)が出ないというか少ない、と思います。でもアンカハスの最近はパッとしないですけど、、、。
    ロマゴンがどうなるか、、、。
    いやしかし、シーサケのオーソ、、、う~んです。

    • とーとぅーとー より:

      同じ気持ちですね。右だった理由が知りたい。
      井岡とエストラーダも面白そうですね。そんなにフィジカルに差はないんじゃないかなあと思っています。
      相手がシーサケットということで警戒して軽めに打ち込んだんだと思いますがそれでも物足りない。
      でも見栄えでエストラーダかなあ。

      ゴンザレスもなんだか過去の人って感じです。
      エストラーダがシーサケットに勝ってしまうとスタイル的に面白みがない階級になりますね。
      熱狂させられるスタイルじゃない。ゴンザレスやシーサケットはアクションパックでした。
      結局スーパーフライ級はいつものしょぼい階級です。
      八重樫、江藤、船井。日本人にチャンスが回ってきてますね。

      どうするんだろうなシーサケット。

  2. 一瞬のマ夏 より:

    >>結局スーパーフライ級はいつものしょぼい階級です。
    まさに同意ってやつです。それでも、ニエテス・井岡戦みたいな面白さがあれば良いですが。
    バンタムより下の階級でのパンチャーは今や基本は通過していく階級なんでしょう。そんな中
    シーサケは貴重です。どう再起するのか注目です。

    • とーとぅーとー より:

      タイ語が分からないので情報があまりありません。
      またアメリカで戦ってほしいです。