マキシム・ダダシェフ 13戦目 ロマチェンコ2.0

toe2toeのYouTubeチャンネル
プロスペクト

ロマチェンコ2.0

試合内容

3月の試合でチェックできていなかったものです。

相手はリッキー・シスムンド。
負けは多いですがかなり濃いキャリアです。
バティル・アクメドフに判定負け。
日本でもかなり試合をしていてなんと近藤に勝ち、OPBFの中谷に負け。
そして今回ダダシェフ。

トランクスに日本の国旗が入っています。何か日本と縁のある選手なのかな。

シスムンドは小さいですがぐいぐい前進し一発狙っている感じです。
ダダシェフは足を使いながら左のリターンを返していきます。

2回に入ってシスムンドは恐れる様子は微塵も見せずプレッシャーをかけます。
ダダシェフはガードがタイトでカウンターが鋭い。
近づかれるとすかさず横に回り込みシスムンドの追撃を躱します。

左に替えたシスムンドの左ストレートが顎をかすめてダウン。危ない深かったらやばかった。

4回から積極的になったダダシェフ。
ちょっと慌ててきたシスムンド。
と思ったら強烈なカウンター左フック。
見事なKO。

感想

シスムンドはスーパーフェザー級くらいの体格なのでもしそこでやっていたらかなり強かったんじゃないかと思いました。
もっとブンブン振り回すのかと思っていましたが意外にも丁寧な戦い方。

ダダシェフは上手い。
シスムンドの左を読み間違えてダウンを奪われましたが基本的に崩れない。
小さく細かく動いてロマチェンコ的ですね。

かなり訓練されている印象でパンチもスピードも技も上質です。
しかしプログレイが試合を見た後だと物足りない。
あの破壊力はやっぱり別格だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました