レガシー・ネバー・ダイ 偉業は語り継がれる

toe2toeのYouTubeチャンネル
ニュース

最近のボクシングトレンド

カネロ

最近はSNSの発達でファンの声が直に選手に届きます。
弱い選手ばかりと戦っていればすぐにネットで暴かれる。
粗探しと罵詈雑言の方が多いといっても過言ではないネットでは作られたスターを許しません。
だからこそレガシーに拘る選手が出てきたのかもしれません。

カネロ
どこへ行っても歓迎してもらえるんだ。
素晴らしい体験だよ。
私にはどの試合も重要なものなんだ。
なぜなら私は歴史を作りたい。

ジェコブスは新たなページなんだ。
私は様々なスタイルと戦ってきた。
将来殿堂入りを果たす選手もいるだろう。
だがジェイコブスは少しだけ違うんだ。
色んな能力を備えている。
だからこそ、それに備えて準備してきた。

私はどんな相手でも戦ってこれた。
聞いてくれ。
人生の困難はボクシングとは比較にならない。それでも超えられない壁はないんだ。

もしKOのチャンスがあるなら必ず倒しに行く。信用してくれていい。
12ラウンズいくのなら、それもいいだろう。
そのための準備をしてきた。

私の目標はベルトの統一だ。
メキシコの誰も達成できなかったこと。
だからこそやるんだ。
歴史を作るために必要なんだ。

カネロは最近よくこんなことを言っています。
メキシコ最高のファイターになりたいと。

プログレイ

彼先日の試合の日の帽子に「Legacy Never Dies」と刺繍していました。
誰もが避けて通りたいWBSSという困難に挑む理由は歴史を作るためです。

プログレイ
レガシーは決して死なない。
俺が死んで灰になってもそこに残り続ける。
だからこそWBSSに参加した。
リスクは承知だ。
だが、逃げずに戦い続けたその先に大きな見返りがある。
最後に俺の夢という虹が空にかけられると信じているよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました