スポンサーリンク

カネロ・アルバレスvsダニエル・ジェイコブス ミドル級3冠戦

観戦記録
スポンサーリンク

3団体統一戦

試合内容

計量時にひと悶着あった両者。

前へ出るのはカネロ、ジェイコブスは横にプレッシャーを躱します。カネロの狙いはボディーです。
思ったよりカネロのパンチはジェイコブスに届きます。
ジェイコブスはスピード重視のコンビネーション。カネロのパワーとカウンターをかなり警戒した仕上がりです。
カネロの強打は守りきります。

3回、ジェイコブスの顔面は遠い、カネロは狙いをさらにボディーに集中します。
しかしクリーンヒットしない。これでは埒が明かないと感じたのかカネロは重心を後ろに引いてジェイコブスのパンチを引き出そうと試みます。
やっぱりジェイコブスはやりにくそうだ。

カネロはディフェンスだけで歓声が沸きます。
ジェイコブスは守りではジャブを有効に機能させて上手く立ち回れていますが、カウンターを警戒しなければならないのでパンチに力が乗りません。
ジェイコブスにとっても難しい相手です。

5回からジェイコブスの描く円が小さくなり手数が増えてきました。
カネロのグラブを触るようなショートジャブが有効です。
意外性のあるパンチやスイッチ、押して引いてとあの手この出でカネロを攪乱します。
カネロに混乱と焦りが見え始めました。とても頭脳的だジェイコブス。

後半突入。
カネロを少しづつジェイコブスがコントロールし始めました。
細かい攻防で上回る場面もあります。

そして知的に戦略遂行を図るジェイコブスはポイント奪取を開始、回転力を上げていきます。
ジェイコブスのパンチが当たる!
ラスト数秒でスパート、ポイント確定してラウンド終了。
なんて知的なんだジェイコブス。

接近戦をしたかと思えばサウスポーで距離を取る。力でねじ伏せたいカネロの思うようにはさせません。
駆け引きの上手さではジェイコブスは何枚も上手だ。

さあどうするカネロ。
カネロがいいのを当てるとジェイコブスはすかさずお返し。
パンチの交換でも上をいき始めたか?
ラスト10秒は必ずアピールするジェイコブス。

カネロはどんどん主導権を奪われます。
手数はジェイコブス、もしかするとクリーンヒットもジェイコブス。

UDでカネロ。
ジェイコブスはもう少し早く動きたかった。
でも最終ベルを弱気に聞いたのはカネロでしょう。

感想

カネロはまさに動く要塞。鉄壁の守りで前進し相手の攻撃を迎撃できます。ビッグパンチは全部チェックしています。
でもジェイコブスがやったような細かいパンチ、これはいかにカネロといえど防げない。かなり嫌がっていました。

逆にカネロは細かいパンチでの組み立てがないので徐々にジェイコブスに強打のタイミングを盗まれ当たらなくなっていきました、
軽打で組み立てるロマチェンコの戦いが現代ボクシングのスタンダードじゃないかと思います。
逆に今日の試合がカネロのスタイルの限界。この試合がカネロ攻略のブループリント。

コメント

  1. 一瞬のマ夏 より:

    この試合、個人的には面白かったです。私の採点はカネロ1・3・8・9・12 ジェ2・4・
    5・6・7・10・11で115-113でジェイコブス。4~7までジェにしてしまい、後半ジェイコブスかなと思いつつ8・9辺りも、ジェイかも?(笑)。
    カネロのスタイルの限界、同意ですね。カネロはやはり来てくれる相手でないとダメですね。
    ディフェンスが良いから力強く打つ相手にはカウンターも狙いやすく機能する。GGGはスタイルとしてはやり易いというか自分を最大限引き出せるのかもしれません。
    逆にメイウェザーもですしジェイコブスもそうですが相手が待ちのスタイルというか後出し的なスタイルになると追い足も無いし空回りしていくし引き出しも無くなる。左のいきなりのハードパンチもただただファンを喜ばすだけ、、、。頭を動かしたディフェンスも虚しかった。
    しかし、ジェイコブス、素晴らしかった。昔みたいに15rあればガス欠のカネロにKO出来たかもしれません。でも負けかぁ。。。訳わからんです。

    • とーとぅーとー より:

      正直判定が競っていたのは驚きました。もっとカネロ贔屓の判定になるかと。
      私はジェイコブスの頭脳を勝利としたかったんですが、ルール上はカネロがパワーでアピールしていたといえなくもないかなあと。

      ファンの間でジェイコブスを臆病と評価する声もあるので驚きました。確かに腰が引けているように見えましたが技術的には有効に機能させていたので。
      もうカネロの限界が見えた気がしました。
      ゴロフキンもできるやり方だと思います。でも彼はやらないんでしょうね。そこが彼の魅力でもありますしね。

  2. 一瞬のマ夏 より:

    判定って本当に難しいですね。カネロには判定では勝てない、という事が前提で試合が行われているような、、、。で、見た目にジェイコブスの戦い方がKOを狙っていない、逃げ腰に見えて支持されない、、、。まぁでも慎重であるがゆえにいつもジェイコブスの序盤の入り方には正直ガッカリします。今回も腰が引けてますものね(笑)。しかし11・12はジェイコブスはもっとがむしゃらにいって欲しかったです。全てに慎重過ぎたように思います。
    しかし、カネロは打たれ強い。打たれても見栄えが悪い所が最近全然無いです。序盤からボディに当てていけないと、なんですがそれがまた難しい。。。
    GGGはDAZNになって可能性は残されたのですが、取り合えず王者になれないといけませんね。時間は止められませんから厳しいですね。。。
    もう無いでしょうけどサンダースならカネロに勝つんじゃないかな?と思ってしまいました。