スポンサーリンク

ルイス・ネリvsファン・カルロス・パヤノ もう井上には追いつけねえなあ、ネリ

toe2toeのYouTubeチャンネル
NEWS
スポンサーリンク

パッキャオvsサーマンのアンダーカードに組み込まれる可能性があるようです。
バンタム級最強の評価は井上で間違いありませんが、懐疑論はなくなりません。
若いのとやってないの次は本物のパンチャーとやってないときました。
次のドネア戦のあとはどんな難癖がつけられるのか楽しみです。

井上がパヤノを一撃で倒せたのは色んな条件が重なったからですが、ロドリゲスを2回で仕留めたことを考慮するとパヤノがどんなに粘っても6回までには捕まえたんじゃないかと思います。
内容はきっと勝負というよりはサバイバルするパヤノを一方的に狩る井上。

ネリvsパヤノの試合は井上のライバルと目されるネリが何回でパヤノを仕留められるかに注目するものです。
もし判定までパヤノを取り逃がしたり、勝負の話になってるなってるなんてことになったらネリが井上と戦うなんて、全くもってお話になりませんね。
でももし早い回で仕留めてしまうならやっぱりネリはは危険な男。井上のライバルだ。となってきます。

井上のこれまでのパフォーマンスは今のところファンの期待に応えている。それどころか期待を遥かに超えるパフォーマンスです。
誰が見てもバンタム級での力は突出しています。
でもまだ足らない。
井上の人気と実力を確かなものにする最後のピースはライバル。
バーネットでもテテでもドネアでもなく、ネリが相応しいと私は思います。

ネリと井上が速攻型のエキサイティングなスタイルであることも一因ですが、何よりネリがメキシコ人であることが重要です。
パッキャオはメキシコのレジェンズ(三人も!)がライバルであるという幸運にも恵まれました。
ネリがレジェンド級の選手とはとても思えませんが、ネリを倒してその人気を吸収するのが井上の地位を確立するのに一番効率が良い。

しかし、井上が地位を上げて簡単に動ける選手ではなくなってしまった現実が試合の実現を邪魔をしてしまうかもしれません。
無名の選手なら気軽にネリ討伐に出張できますが、今やPFPに名を連ね、上位を争う立場にある井上はビッグネームです。
WBSSを制覇しトップランクなどの大手プロモーターと契約となるといろんな思惑で雁字搦めにされて身動きが取れなくなります。
なので井上vsネリの実現は難しいとも思います。

でも試合の外でもライバルの存在は重要です。パッキャオとメイウェザーの対決が実現するまでの長い間話題に挙げられ続けていたように。
舌戦以外でも試合の度に比較されメディアとファンに話題を供給し続けられます。

プロスポーツでは忘れられたら終わりです。
特にボクシングのように年に数回しか試合ができない格闘技ではメイウェザーやマクレガーのように口が達者な選手が注目を集め金も名誉も手に入れます。
今から井上がいくら英語を勉強しても彼らのようにはなれないと思いますし、なる必要もない。
井上のモデルケースは外国人としてアメリカで大暴れしたパッキャオとゴロフキン、ドネア。
中量級まで制覇したパッキャオと比較すると霞みそうですが、軽量級時代のパッキャオと比較しても井上のパフォーマンスは遜色ないか上回っているように見えます。

ベラベラ喋る選手より上記の選手のように寡黙に拳のみでのし上がっていく選手がかっこよく見える。
個人的な感想でしかありませんが日本人の美学にも当てはまると思います。

ゴロフキンが次々に敵を薙ぎ倒して上り詰めていく姿は映画の主人公のようで興奮しました。
パッキャオなんて確実に将来映画化されるでしょう。確信があります。

話が逸れましたが。井上のライバルがネリになるかどうかはパヤノ戦のパフォーマンス次第です。
もし冴えない出来ならバンタム級には用無し。
ボクシング界での評価を確立する為には階級を上げる必要が出てくると思います。

私は骨格やスタイルを考慮するもスーパーバンタム級は険しい道になるのではと思っています。
それにスーパーバンタム級にビッグネームはいません。
まずはバンタム級を一層してほしいというのが本音です。

WBSSが終わってしまったらネリは井上のバックミラーにすら映っていないかもしれねえなあ。

コメント

  1. 一瞬のマ夏 より:

    ネリに関して思うのはこの直近のマッチメーク、強気過ぎだと思いませんか?誰がどんな近い将来を描いているのでしょう?WBC王者になる為にパヤノが必要とは思えないのですが。。。
    ニエベスを井上よりも早い段階でKOしたりする方が良いような。。。
    パヤノの前はアローヨでした。結果はともかく危険な相手農業はずでした。アメリカでやっていくには必要なのでしょうか。。。
    しかも井上はトップランクになるかもしれません。
    ネリは今後、どうしていくのでしょう。
    パヤノかぁ。確かにネリはサウスポーが得意そうですが。

    個人的にはドネアに期待です。怒られるかもしれませんがドネアを秘かに応援しています。
    ロドリゲスの1R。井上のパンチが当たるまではロドリゲスが当てていた。それがもう少しパンチ力があればどうなるのか?井上はあそこまで思い切りよく振れるのか?それが見たい。
    もし恐れ警戒するなら、、、。当てられれば倒れる これを感じてしまうと必ず動きは変わると思います。ドネアは井上に対して当てれると思っています。一方ドネアは相手のパンチ力に対して恐怖を感じない。でなければ肉を切らせて骨を断つ あのカウンターは打てません。
    ドネアが先に当てれば、、、面白いんですが。先に井上が当てれるようだと、、、厳しいですね。 ハナシが逸れました。。。すいません。

    • とーとぅーとー より:

      強気ですね。負けそうな相手と全勝のネリを戦わせることはないと思うので勝算が高いと踏んでいるんだと思います。
      スパーリングなどの練習を見て陣営が勝てると判断したのだと思います。

      私もドネアが好きなのでどっちが勝ってもいいんですが、日本ボクシングと新陳代謝という意味でこれは井上が勝つべきだとも思います。
      フェザー級でフランプトンやウォータース、スーパーバンタム級でマクドネルと試合をしていますからね。
      耐久力には自信がありそうです。倒すなら顔面でなくて腹ですね。

      ロドリゲス戦の初回はかなり危険でしたね。修正してきましたが、ドネアなら一気にペースを奪うかもしれません。
      全盛期のドネアだったらなあと思ってしまいます。

タイトルとURLをコピーしました