スポンサーリンク

セルゲイ・コバレフvsアンソニー・ヤーデ 8/24 暴力対決

toe2toeのYouTubeチャンネル
ニュース
スポンサーリンク

カネロの可能性もあり?

コバレフvsヤーデ

前々からコバレフ挑戦の先頭にいるヤーデですが、カネロもコバレフとやりたいとかでなかなか決まりません。
ボブ・アラムによると8月24日ロシアでコバレフvsヤーデがセットされたらしいです。
しかし9月にカネロという選択肢も残した契約なのか、もしカネロとの試合が実現するならヤーデには待機料を払ってカネロが割り込むとのこと。
8月24日なら時間もそんなにありません。
既にコバレフが準備をしているならいいんですが、コンディショニングに問題を抱えている彼がこんなふらふらしていたらどっちにも負けるんじゃないかと思いますね。

正直コバレフの誰とでもやるぞ、という姿勢は素晴らしいです。
この間のエレイダー・アルバレスはアドニス・スティーブンソン(彼は回復して歩けるみたいです)から避けられ続けた全勝の挑戦者だし、誰もやりたがらない拳法家アンドレ・ウォードを引き受けてくれました。
アルバレスはコバレフに逆転する力を持っていた確かな実力者だったし、ウォードとやればカネロもヤーデも完封されると思います。それくらいウォード拳法は強い。
その他にも欠点を晒していなかったイスマイル・シラクなど、嫌な相手と戦い続けてきました。

ホプキンスと戦った時は無敵に見えたコバレフですが、あの頃と比べると加齢なのか筋肉量は見るからに落ちて小さくなったしスタミナは見るも無残。
最近は負けも増えてきてそろそろ引退です。

最後に相手は誰でもいいからとにかくひと稼ぎしようという魂胆だと思います。
上手く切り札をちらつかせてファイトマネーを釣り上げているんでしょう。

コバレフvsカネロ ヤーデvsラミレス

コバレフvsカネロがDAZNの最優先らしく、キャッチウェイトで実現させたいとの情報もあります。
175パウンズのライトヘビー級より5パウンズ(約2.3kg)軽い170パウンズでやるとか。
これは納得いかないですよね。

加えて当日の体重も制限するとか言われてるので試合当日は衰弱したコバレフが見れるだけです。

もしそれをやるならライトヘビー級のベルトはなしでやるべきです。
175のベルトなんですから。
正規の規定があるのにキャッチウェイトにベルトをかけらえるなんて、なんでもありです。
このやり方でカネロはヘビー級まで制覇できますよ。

まあ、どうせカネロなんでベルトはかけられるんだと思いますけどね。

愚痴はこの辺にして(決まってすらいない)。
もし上記の試合が実現するならアラム曰くヤーデは元スーパーミドル級王者のヒルベルト・ラミレスとの試合の可能性があるようです。
これはこれで実力者相手にヤーデがどれほどやれるか見てみたいです。
ラミレスは結構タフな相手なのでもしかしたら負けるなと思っています。
ラミレスを圧倒できるなら本物ですね。

ところでこのラミレスは要注意です。
この前の試合でムーンフェイス化していました。

コメント

  1. 一瞬のマ夏 より:

    カネロは、というか取り巻きはやり過ぎですね。本場のファンは本当に納得してるんでしょうか?正式にオファーしたみたいですのでコバレフ、受けるでしょうね。あとはお金の上積みだけなのでしょう。普通に考えればコバレフが圧倒するはずなのですが、、、。ヘッドムーブで懐入ってボディ。そこで大歓声。そして下がってとにかくディフェンス、また歓声。それの繰り返しでダウンしなければ判定でカネロ。。。でもガードの上からでも脳みそ揺らせるパンチがコバレフにはあるはず。いい加減、カネロ劇場は見たくないです。良いボクサーなのは認めますのでクスリを抜いて適正階級で戦って欲しい、、、けどクスリは抜けないしいくとこまでいくのでしょうね。。。175センチですよ。。。ボクシングですよ。総合格闘技じゃないんですよ。。。
    というかコバレフ・ヤーデの方が見たいです。ヤーデはホンモノかどうか。

    • とーとぅーとー より:

      無敵時代のコバレフとコットと戦っていた時のカネロなら、カネロがぶっ壊されるだけですね。
      ホプキンス戦のコバレフは相当危機感あったと思うんです。準備が素晴らしくて(もちろんコバレフのキャリアで)この間見返して見て、この時はやっぱりコバレフは怪物だったなと。
      明らかにカネロの力強さは増してます。コバレフの劣化も甚だしい。

      本当に今までのヤーデの相手はひどいのでコバレフのパンチに面食らいそうです。
      精神面でも怪物なら面白い選手です。

  2. 一瞬のマ夏 より:

    言われて私もコバレフ・ホプキンス見返しました。確かに準備が素晴らしいですし無駄打ちもせずホプキンスは防御に多くの時間を使っていましたね。1rのダウンが痛かったですね。
    この時のようにプレッシャーをかけ続けつつ防御にもケアしていってカネロには打ち下ろしを入れて欲しいですね。でもスタミナが持たないような、、、。カネロもGGG1まではスタミナ切れはいつもと言う感じでしたが、、、。

    • とーとぅーとー より:

      スタミナは短期間でカネロのように改善するのも違和感を覚えますね。
      元々素質があったといわれたらそれまでなんですが…
      ゴロフキン同様に衰えて無敵でなくなった今がチャンスではあります。

タイトルとURLをコピーしました