スポンサーリンク

バージル・オルティスvsアントニオ・オロスコ 全KOオルティスのテスト

toe2toeのYouTubeチャンネル
プロスペクト
スポンサーリンク

試合内容

全KOオルティスと王者ラミレスととことん打ち合ったオロスコ。
今回はウェルター級でオルティスは今後もウェルター級でやっていくとのこと。
層の厚い階級なのでこの試合で強さをアピールしたいところ。

オロスコはもう一度世界を目指すためには踏ん張りどころです。

勝者はタイトルへ近づきます。

オルティスは長身ですがスペンスと比べると体は緩い印象。
スーパーライト級でも小さいオロスコはこの階級だとかなり見劣りしますね。
初回全KOのオルティスがオロスコの隙を突いて一気に襲い掛かります。
オロスコも勇敢に打ち合いを仕掛けますがオルティスのパワーと上手さが上回りました。

2回からオロスコが積極的に前進してきますがオルティスは丁寧に対応しヒットを奪わせません。
オルティスは強力なカウンターで出鼻を狙いますがオロスコに怯む様子はなし。

4回、オルティスは長い距離に釘付けにしたいですが、オロスコはヘッドムーブでパンチを掻い潜り前進は止まりません。
オルティスは少し休みたそうな仕草も見せているので、しつこく続ければ後半は追い上げられそうな雰囲気もあります。

5回は小休止のオロスコ。オルティスが先に仕掛けます。

6回、効かせたオルティスが一気にまとめアッパーカットでダウンを奪うとその後も猛攻。
オロスコも粘りますが素晴らしい手際の良さでフィニッシュ。

感想

オルティス強い。ファイトもボクシングも上手いしオロスコの猛攻にも慌てることもなく冷静。
ロングレンジでのカウンターは鋭く、ショートレンジでは肘でしなりと角度を作るといったメキシカンらしいテクニックも見せました。

オロスコの攻撃は必ず横に躱す、常にオンガードと素晴らし技術と習慣もあります。

オロスコはスーパーライト級に戻って出直しになると思いますが、体格的にはライト級に見えます。オロスコも強いですがオルティスがもっと強かっただけでまだまだ見たいと思わせてくれる選手です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました