スポンサーリンク
カテゴリー別に記事を読む

大番狂わせに必要なもの

toe2toeのYouTubeチャンネル
ニュース
スポンサーリンク

番狂わせの年

ハート

昨日の格闘技堀口vs朝倉。
興奮しました。
UFCのエリートファイターがアウトサイダー上がりに殴り倒される。
堀口がフライ級程度の骨格だからというのもあるでしょう。が、下馬評では圧倒的堀口有利でした。
ライブでやらなかったフジは大後悔してるんじゃないでしょうか。

今年のボクシングはアップセットが多い印象です。
ジョシュアvsルイズ、マチャドvsカンシオ、少し前だとドグボエvsナバレッテ。他にもあった気がしますが出てきません。
彼らの番狂わせには共通点があります。
パワーや技術は当然として最も大切なもの。
それは気持ち。
絶対に勝つという決意や困難に挑む勇気、他にも覚悟、気迫など色んな言い方ができます。

決意は強ければ強いほど恐怖といった無駄な雑念を取り除き、時に力以上の能力を授けます。

ナバレッテとカンシオは再戦で初戦を上回る結果を出しています。
ジョシュアもルイズとの再戦どうなるか分かりません。
また倒される確率は低くはない思います。

強運

そして日本で行われる試合。
井上尚弥vsノニト・ドネア。
井上が圧倒的有利予想です。
しかし今年は大番狂わせが多い。
番狂わせは連鎖反応を起こし次の番狂わせの原動力となります。ルイズの試合は試合を見たすべて人に勇気を与えました。ドネアも見ていたはずです。
それに加えて決意、戦略、パワー、技術。
ドネアは上記の番狂わせを起こす要素を備えています。
現にドネアにはビック・ダルチニアンを衝撃的な左フックで沈め、その年のアップセットオブザイヤーに選ばれた実績があるのです。
彼は勝ち方、勝利に必要なものを心得ています。

ルイズが急遽たてられた代役でジョシュアに勝つなんて誰も思っていなかったように、ドネアが決勝戦に勝ち上がるなんて誰が予想したでしょうか。
ドネアが持っていた番狂わせに不可欠なもう一つの重大な要素、強運。

今ドネアはそれを味方につけています。
少し運(偶然)について補足します。
運というものには一般的な認識とは違う不思議な法則があります。
簡単な例を上げるとギャンブルに負ける時は負け続け、勝つ時は勝ち続けるという法則です。
小学校で大数の法則(何万回も試行すればある確率に収束していく現象)を教えられた私達が知っている確率の直感に反した法則です。
偶然には偏りがあります。
経験上、運を味方につけられるという認識を持っている人もいるはずです。
神に選ばれ運命に導かれているという無敵の感覚。
この確率の不思議な偏りこそスポーツで言うところの流れ、勢いです。

確率の偏りについて気になる方は「逆正弦法則」「ブラウン運動」「ランダムウォーク」で調べてみて下さい。統計学の分野です。

運すら味方につけたという実感。
今は何をやっても上手く行くという研ぎ澄まされた万能感は技のキレを限界まで高めます。

強運とハートを持つドネアは甘くない。

コメント

  1. ムーンサルトをする森光子 より:

    今年で言うとアコスタvsソト、ブラウンvsパスカル、ハードvsウィリアムズ、内容含めですがリナレスvsカノ辺りも番狂わせですかね。
    番狂わせからのダイレクトリマッチで言うとコバレフvsアルバレスがありました。
    ジョシュアは…どうでしょう。
    私見ですが、初戦の結果は様々な要素が絡み合ったものであり、リマッチでもジョシュア有利は変わらないと思います。
    問題は初戦の負け方です。ダウンからの戦意喪失、あれはクリチコ戦では考えられなかった姿です。
    メンタルの敗北は恐怖となり、攻撃への反応を鈍らせます。それがどう出るか…
    もしも癖になっているようなことがあれば現王者級はおろか、いずれ2m級のプロスペクトに粉々にされてしまうでしょう。

    • とーとぅーとー より:

      そうだ大事なハードvsウィリアムズを忘れていました。
      あの試合はハードの体力に必死に抗うウィルアムズが印象的でした。

      ジョシュアの戦い方次第で次は徹底して打ち合いは回避してくると思います。
      ジョシュアのあの姿は今後の対戦相手の心の支えになるでしょうね。

      クリチコ戦で見せたハートの強さ、あれに期待です。

タイトルとURLをコピーしました