スポンサーリンク

ワシル・ロマチェンコvsルーク・キャンベル 金対金 3冠戦

toe2toeのYouTubeチャンネル
観戦記録
スポンサーリンク

試合内容

金メダリスト対決。
勝てばロマチェンコは4団体統一まであと一歩と迫ります。

向き合うとかなり体格差があります。
初回はキャンベルがじりじりプレッシャーをかけロマチェンコが下がりながら観察。キャンベルの浅く入った左のほうがよかったな。

2回キャンベルは細かく両腕を伸ばして距離を取ります。
ロマチェンコはギアを上げ得意のダブルジャブを有効に使って踏み込んでいきます。が、キャンベルの足は止まりません。

3回からロマチェンコは運動量を増やしてキャンベルを攪乱、キャンベルが少し慌てる場面を作ります。狙いは腹です。
キャンベルも上手く戦いロマチェンコの自由にはさせません。
ややロマチェンコのペースに見えます。

5回にロマチェンコの左のショートカウンターがヒット。
動きの止まったキャンベルの腹にパンチをまとめて効かせました。

6回はサバイバルのキャンベル。
7回にキャンベルの左のアッパーカットがロマチェンコの腹にヒット。
上手くごまかすロマチェンコですが間違いなく効いています。
しかし直後にキャンベルの顔面にフックを叩き込んで逆襲。

8回は強引なロマチェンコ。被弾しながらキャンベルを削ります。
上手くダメージを殺すキャンベルですが反撃できません。

11回に細かいパンチを上下に打ち分けるとたまらずキャンベルがダウン。
ストップできるか。

12回にもチャンスを作るロマチェンコですがキャンベルの必死の抵抗にKOを逃しました。

感想

この身長差はロマチェンコとっても苦労が多かった。
いつもの倍は被弾しながら強引に距離を詰めました。

序盤はキャンベルも上手く戦えていましたが時間が経つに従いロマチェンコのペースに。
腹を効かせた後に逆襲されたのが痛かった。

ロマチェンコ4団体統一まであと一歩。

コメント

  1. ムーンサルトをする森光子 より:

    やはりロマチェンコはフィジカル面で苦労し、距離の制圧に手間取っているように見えましたが、キャンベルの個性があってのこと。
    コミーやロペスに同じことができるかというと難しい感じがします。逆にこの二人がキャンベルぐらいヒットできればストップ出来るかもしれません。
    ただ、ロマチェンコはそもそも被弾が少なく、ダウンしたとはいえ貰ったのは一撃必殺のリナレスのカウンター…
    実は相当打たれ強いのではないかとも思います。
    個人的に、ロマチェンコ攻略の最後のピースはサイド動きだと考えていますが、ここについてはリナレス、キャンベル、コミー、ロペス辺りはロマチェンコ相手であればそこまで差はないかなぁといった印象です。

    • とーとぅーとー より:

      今日のロマチェンコ苦戦の要因はサウスポーと距離だったと思います。
      キャンベルの足は良く動くし、当たらないもののしっかりと手を伸ばして弾幕も張っていました。手数が少なかったですが。

      なのでコミーとロペス戦はもう少しやりやすいかなと。
      ただ上記の二人はパワーがあるので今日のように腹や顔にヒットを許すと危ないですね。
      私はロマチェンコの骨格では当てられた時の可動域が狭くライト級のパンチャーのパンチを受けた時に力を逃がせないと感じているので、打たれ強いとは思いません。
      ただ当たるかと言えばコミー、ロペスの攻撃はロマチェンコに当てるには雑。
      一番当たりそうなのはロペスのカウンターかなあと感じています。

タイトルとURLをコピーしました