スポンサーリンク

ファイターペディア アンディー・ルイズ

toe2toeのYouTubeチャンネル
ファイターペディア
スポンサーリンク

アンディー・ルイズ

特徴

ジョシュアを大番狂わせで打ち破ったヘビー級3団体統一王者。
とても勇敢なファイターで、王者級の相手の攻撃にも相打ちのカウンターを打ち込むことができます。

ジョシュアとの再戦で真価を発揮しまぐれではないことを証明してほしいと思います。

勇敢さ

やっぱりこれですね。最大の特徴は。
ジョシュア戦ではジョシュアの速く強いジャブを叩き落としジョシュアの右と相打ちのタイミングで右を打ち込み、リスクを嫌うジョシュアを後退させ主導権を握りました。
勇敢ならそれでいいということではありませんが、この戦略を実行するルイズとの相打ちを嫌えば退かざるを得ません。
後ろ向きの気持ちと重心はパンチの効果を削ぎます。

ハンドスピード

ボクサーとは思えない肥満体ですが、洗練された技術で速さと重さを生み出します。
じりじりと距離を詰めて射程に入ると一気に加速してきます。
この静から動への速さの切り替えが抜群に上手く、相手は突然の変化についていくことが出来ません。
のそのそ動いていますがここぞの時のスピードは半端じゃありません。

そして、一旦連打のスイッチが入るととにかく打ちまくります。
仮に相手に打ち終わりを狙われたとしても、ルイズの二の矢と相打ちになってしまいます。
上記の相打ちの戦略と相まって相手は後退し距離とらざるを得ません。

コンビネーション

メキシコ人らしく多角的なコンビネーションを得意としており、腹から顔面、顔面から腹と強力な打ち分けを見せます。
ジョシュア戦でも右ストレートを脇腹にめり込ませてKOへの伏線としました。

弱点

やっぱりこの戦い方はルイズにもリスクがあり同じ戦略を実行する相手に逆に沈められる確率は低くありません。
ワイルダーの惑星最強の一撃と正面衝突すればKOどころか死ぬ可能性すらあります。

また体脂肪が多く体が重いため運動量、特に足で上回られた時は追いかけられるか微妙な所です。
ジョシュアから致命的なダメージを奪うもその後もたついたのでスタミナにも不安が残ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました