スポンサーリンク
カテゴリー別に記事を読む

セルゲイ・コバレフvsカネロ・アルバレス ウォードの予想

toe2toeのYouTubeチャンネル
ニュース
スポンサーリンク

コバレフvsカネロ

ウォードの予想

ウォード
様々な変数があって予想が難しいが私の予想ははカネロに傾いている。
コバレフはもはやクラッシャーではなくなってしまった。
ただのコバレフだ。
確かにまだ危険な要素はある。
だがそれは試合の前半までだ。

カネロが極端な増量に走らず今まで通り戦うことができれば、コバレフはボディーブローに耐えることができないだろう。
インサイドでの弱さも見せている。

カネロの後半KO。
11か12のどこかだ。
30代後半のコバレフにとってこの試合は給料日になる。
もちろん勝とうとはするだろう。
だがコバレフは既にクラッシャーではなくなった。
コバレフのライフスタイルも影響してくるだろう。

ウォードの意見には一理あります。
コバレフがカネロと戦う動機は一つ、金です。
勝った方が総取りならコバレフは死にもの狂いで勝ちに来るでしょうし、デラホーヤもそんなコバレフとカネロは戦わせないでしょう。
経済的に安定し将来家族を養える蓄えを手に入れたコバレフは宝くじを当てたようなもので勝ちに拘る必要はありません。

ヤーデ戦は勝てばカネロという状況だったので8回のヤーデの猛攻にも耐えることができました。
もしコバレフが今まで築いた名前で大金を稼いで余生を送ろうと考えているなら、さっさと倒れてしまったほうが健康にもいいです。

後は確かにカネロの増量ですね。
下手に体重を増やすと体が重くなりますからね。
接触に強くなり出力が増える半面燃費が悪くなってしまいます。
後半コバレフと一緒に疲れていては勝てないので前半戦でカネロの得意のディフェンスとボディーブローがどれだけ機能するかがカギですね。

一般女性を殴ったり飛行機に搭乗拒否されたりとプライベートで揉めまくりで素行の悪いコバレフですが、意外にも人気があってコバレフのKOを期待している声も多い。
これはカネロ憎しという可能性もありますが。
カネロがドーピングで品行方正なゴロフキンに勝ってしまったこも影響していそうです。

ちなみにウォードはカネロが望むならカネロと戦う気持ちがあるようです。
絶対にやめてほしいですね。
ウォード拳法に勝てる選手はいません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました