ファイターペディア タイソン・フューリー

toe2toeのYouTubeチャンネル
ファイターペディア

タイソン・フューリー

データ

29勝20KO1分
31歳
イギリス
身長206cm
リーチ213cm
KO率66%

特徴

ヘビー級最大の男ですが、まるで軽量級のようなボクシングでをします。
ヘビー級で一番軽快にキビキビと動く、ヘビー級のそのイメージを覆す選手です。

ウラジミール・クリチコに勝利、ワイルダーと引き分けていますが不思議な採点でフューリーが勝ちだったという声も多い試合でした。

ヘビー級ではNo.1評価されることの多い選手です。

でかい

190cm台の選手と並んでも大きい207cmの身長があり、ヘビー級の平均を大きく上回る大きさがあります。
顔面が遠い上に軽快なのでフューリーに劣らないサイズかマイク・タイソン級のスピードがなければ当たりません。

ロープ際で体を反らせると頭はリングの外に出すことができるのである意味リングの外に逃げる最強のディフェンスを許された唯一の選手です。

スピード

でかい体を早いリズムで動かせます。
ヘビー級でこれだけ早いリズムは希少で相手は不慣れで対応が遅れます。

フューリーは幼い頃からボクシングを訓練し習得しているので当たる角度やタイミングを熟知しています。
重さはありませんがボクシングへの理解度の高さとスピードを活かして単発ながらヒットさせる上手さがあります。

技術

現状のヘビー級では一番、平均を大きく飛び抜けた偏差値の上手さかまあります。
力の比重が高いヘビー級においてサウスポーでもオーソドックスでもボクシングでき、フットワークヘッドムーブ、ポジショニング、当たるタイミングなどボクシングへの理解度と戦略を遂行する技があります。

弱点

クリチコに勝っていますし、ワイルダーの強打を受けて立ち上がって戦略を遂行しました。
勝つという意味合いでは弱点らしいものはありません。
強いて言うなら試合毎にムラがあり常に最高のパフォーマンスではありません。
薬物依存や精神的な病が大きく影響していると考えられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました