ファイターペディア 比嘉大吾

toe2toeのYouTubeチャンネル
ファイターペディア

比嘉大吾

データ

15勝15KO1敗
24歳
日本
身長161cm
リーチ163cm
KO率93%

特徴

無尽蔵のスタミナと爆発力、多角的なコンビネーションでKOを量産し全KOで王者に輝いた初の日本人。

ローマン・ゴンザレスを模倣したようなコンビネーションを使いますが、スタイルは少し違っています。

力をやや薄め運動の強打を抑えて数で勝負するゴンザレスですが、比嘉は力を爆発させるような運動でスピードとパワーが武器です。

復帰後はバンタム級になる予定だとか。

爆発力

凄まじい瞬発力があり、大振りですが相手は避けられません。
大きな軌道のアッパーカット、フックを強靭さを活かして相手の体に叩きつけます。

ボディーブロー

左のフックや右のストレート多用します。
相手の懐に入り低い姿勢から左左左と左を連打して体を持ち上げ、がら空きになった腹に左のフックか右のストレートを叩き込みます。
相手を殴り倒すために練られた強力なコンビネーションです。

コンビネーション

基本的に一発で終わることはなく連打する習慣があります。

そして中南米系の選手のようにボディーブローやアッパーカットを好んで使用するので守りを固めても簡単にこじ開けてしまいます。
全KOのの裏付けとなっています。

無尽蔵のスタミナ

疲れ知らずで相手の三倍動くことができます。
後半戦でも全く衰えないスタミナでラウンドが進むに連れて比嘉の土俵にすることができます。

執拗な攻撃を繰り返せる持久力もKO率の裏付けとなっています。

弱点

負けた試合が減量の影響によるもので強い姿しか見せていません。
ただその負けた試合で感じたのは攻撃一辺倒で戦ってきたので戦略的、技術的な幅が少ないということです。
全KOに拘らず判定も許容する戦略なら変わって来るかもしれません。

井上尚弥のバンタム級だと小柄ですね。
フライ級だアドバンテージになった体格ですが、今度は克服するべき課題になってきます。

コメント

  1. あな より:

    個人的に比嘉のボディ→アッパー→ボディストのコンビネーションは歴史的にも比嘉だけの特権かつ抵抗出来ないフィニッシュパターンだと思います
    これをセットアップする事に全てを捧げた立ち回りを開発して欲しいと思ってます
    バンタムでフィジカル押し出来無くなった時にどのパターンで行くか
    gggなのかタイソンなのかポーターなのか
    たらればですが井岡がこのコンビネーションを持っていて井上くらい目がよかったらオールタイマーだと思います

    • とーとぅーとー より:

      比嘉のそのコンビネーションは出せるまでの作業を効率化して短縮できればKOを量産できますよね。
      今までも戦略は一貫していましたが、より磨きを変えてバンタム級のタイソンに期待します。

タイトルとURLをコピーしました