スポンサーリンク

結局スーパーミドル級最強は誰なの 勝手にランキング

toe2toeのYouTubeチャンネル
ランキング
スポンサーリンク

ベナビデスVSディレルで更新。
層が薄い階級で更新頻度が低い。

若くて期待できる階級

1位 デビッド・ベナビデス

体の緩さとは裏腹に強く速いパンチに加えて強力なコンビネーションとカウンターも得意としている選手です。
殴り合いならこの階級最強だと思われます。
王者以上の相手でなければ手に負えないでしょう。

危険タイミングでパンチを受けても怯むどころかニヤつく変態。
いや、あれこそ強者のメンタル。
強がりなんかじゃありません。
「やりやがったな、痛い目合わせてやるよ」
というジェスチャー。
勝つべくして勝つ男のメンタルでした。

プラントじゃ手に負えない、この階級だとカラムだけだな。

David Benavidez – Knockouts & Highlights 2018

2位 カラム・スミス

WBSS王者ですが、名のある選手はグローブスとエンダムのみ。
後めぼしいのはカネロと戦ったフィールディングをカネロより早く倒しているくらいですが、今のところ弱点らしい弱点はありません。
スーパーミドル級ではかなり骨格が大きく力強いですが、基本をさぼらない勤勉な選手です。
常にガードを上げていて、脇をしめたショートパンチを心がけます。
加えてエンダム戦では芸術的なカウンターを見せました。
自信を深めて強力な王者となりつつあります。

Callum Smith – Knockouts & Highlights

3位 ジェシー・ハート

2戦ラミレスと戦い互角。
人気で敗けにされましたがいい選手です。
でかいのに俊敏に動け、ラミレス戦では押し込んでいく打ち合いも見せました。
ラミレスとハードに戦えるフィジカルで実力は王者級。
今後もタイトルに絡んでくる役者です。

Jesse Hart – Highlights / Knockouts

5位 カネロ・アルバレス

ついにこの階級にまでやって来ました。小さな王者です。
戦歴はずば抜けていてミドル級最強だったゴロフキンに勝ってミドル級とこの階級のベルトを保持しています。
もはやベルトのために戦う選手じゃないのでビッグファイトを求めています。

ディフェンスとカウンターはこのスポーツ屈指。
ゴロフキンを上回るパワーも見せ、スタミナという弱点を短期間で克服する強さも見せました。
スーパーミドル級のフィールディングの腹をピンポイントで突き刺すなどボクシングに向き合う姿勢は本物です。

Canelo Alvarez vs Rocky Fielding Highlight

この階級の大型の王者と戦うには骨格が小さく感るのでこの位置。
でもボクシングの可能性を見せて欲しい。

6位 ケレブ・プラント

ウスカテギからベルトを奪いました。
パワーはありませんが、ディフェンスが上手くカウンターを得意としています。
相手のパンチを躱して興奮するタイプで上手さはありますが、怖さがない、体格が上位の選手と比べると劣るのでここ。
新米王者で今のところ彼にベルトを防衛していく信頼感はありません。

Caleb Plant / Sweethands (2019 HD Highlights)

7位 クリス・ユーバンクjr

デゲイルに勝ったので入れました。
スピードやパワー、スタミナなどの身体能力は特筆するものがありますが、本能的にぶん殴っているだけでうまさは全く感じません。
サイズも小さく上記の選手にはまず勝てないでしょう。
もう少しボクシングの技術に敬意を払っていればビッグネームだったかも知れないのに。
もったいないです。

プロスペクトのアクメドフは姿がゴロフキンのようでパンチもゴロフキン級。

コメント

タイトルとURLをコピーしました