スポンサーリンク

ゲナンディ・ゴロフキンの衰え?

toe2toeのYouTubeチャンネル
NEWS
スポンサーリンク

ゴロフキンvsデレフヤチェンコ

ゴロフキンの衰え

昨日のデレフヤチェンコとの試合の苦戦は老いによるものだとする海外のメディアは多いです。

確かに感じています。
肉体的にも精神的にも以前の練習量が維持できなくなっているはずです。
練習量を維持できなければ持久力は衰えていきます。
それを補う為に力を薄めてパンチを打つので以前のような迫力が無くなってしまった。

ゴロフキンはもっと力を込めたパンチを打っていた記憶があります。

ただ昨日の苦戦をゴロフキンの老いの一言で片付けてしまうのは如何なものかと思ってしまいます。

デレフヤチェンコが強かった

ゴロフキンはここ数戦はKOから遠ざかりってはいます。
ただそれは老いが原因なのではなく、相手の競技力が大きく向上したからです。
ジェイコブス、カネロ2戦、ロールズを挟んでデレフヤチェンコと強豪中の強豪が相手でした。

今回のデレフヤチェンコはジェイコブス戦を接戦で落とし、悲願の王座へ向けてかなり気合が入っていました。

最初はゴロフキンを警戒して動きは固かったのですが、ダウンを奪われてからは腹を決め、自分の強みを活かすような戦いを敢行しゴロフキンに迫りました。
ゴロフキンがばったばったとなぎ倒していた防衛戦の相手とはレベルの違う、王者級の選手だったのです。
確かにゴロフキンは衰えています。

ただ、それでもまだゴロフキンには大きな力が残されています。
そのゴロフキンにあれだけ迫ったデレフヤチェンコも見事だったのです。
序盤にダウンを奪われるも立て直し腹を効かせて主導権は渡しませんでした。
後半疲れながらも運動量をなんとか維持して勝利への執念を見せてくれました。
私はデレフヤチェンコの準備と決意に敬意を払います。
ゴロフキンが衰えたの一言で片付けられるような試合ではありませんでした。

コメント

  1. ムーンサルトをする森光子 より:

    デレフヤンチェンコが良かったという意見に同意ですね。
    そもそもビッグマッチ路線だったとはいえ、かつてのデレフヤンチェンコは3団体を統一中のゴロフキンとカネロがベルトを剥奪されても回避した相手です。
    ここ最近は手数が少ない印象で、ゴロフキン陣営としては狩り時かと思っていたのかもしれませんが、今回はしっかり修正してきており、意表をつかれる形となっていた印象です。
    ゴロフキンの老いもありますが、デレフヤンチェンコの準備とゴロフキンの慢心が今回の結果の大きな要因かと思います。

    • とぉとぅぉとぉ より:

      ゴロフキンはKOできるという過信も感じましたね。
      デレフヤチェンコのあの気迫と準備には間違いなく意表を突かれたたずですね。
      画面越しの私が驚きましたから。

      次は再戦の可能性もあるみたいですね、

タイトルとURLをコピーしました